ブラックホールは思っていたより100倍大食らい。近づく星を粉々に飲み尽くします

ブラックホールは思っていたより100倍大食らい。近づく星を粉々に飲み尽くします

惑星いただきます。

遠くから見れば神秘的で美しいブラックホール。しかし近づく星たちは「潮汐分裂」という現象で飲み込まれ、粉々に破壊されてしまいます。これまでの数千の銀河の観測結果から、潮汐分裂は滅多に起こらない非常に珍しい現象だと考えられてきました。1つの銀河で1万年から10万年に1回発生するほどの低確率だと思われていたのです。

ところが、イギリスのシェフィールド大学の研究チームが15の銀河の潮汐分裂現象を詳しく調査したところ、考えられてきた確率よりも100倍多く星を吸い込んでいると結論づけ、Nature Astronomyにて研究結果を発表しました。

EurekAlert!で共同研究者のJames Mullaney博士は「調査した15の銀河はいずれも他の銀河と衝突しつつある状態だったのですが、驚いたことに潮汐分裂が起こる確率が著しく上昇していたのです。銀河が衝突する際に、2つの銀河の超巨大ブラックホールに多くの星が接近するためだと考えられます」と語りました。

こちらの動画はNASAが公開した、ブラックホールによって星が粉々にされる様子をCGで表現したものです。1つの星がチリと化してます。

ブラックホールが星を破壊する過程を研究することが、将来どのように宇宙、そして我々の天の川銀河が変化してゆくのかを知る手がかりになると語るのは、研究責任者の天体物理学者Clive Tadhunter氏です。「今回のF01004-2237銀河の観測結果によって、50億年後に我々の天の川銀河が隣のアンドロメダ銀河と衝突する際にも、潮汐分裂が起こると予想されます。そのときには、10〜100年に1度の頻度で起こるフレアが裸眼でも観測できるくらい、どの星よりも明るく夜空で輝くでしょう」と記者会見で答えました。50億年後に裸眼で空を見上げる生物が存在していれば…ですけどね。ただ今回の研究だけでは観測結果が少なすぎるため、今後も潮汐分裂の調査は必要だそうです。

またコロンビア大学天体物理学研究室(CAL)の博士研究員Nicholas Stone氏は今回の発見を「衝突する銀河の潮汐分裂の観測はこれまでなされたことはなく、非常に重要な発見」だとしつつも、「観測結果が本当に潮汐分裂現象なのかどうか確認するため、より詳しい研究が必要だと思います。なぜならフレアの発光が今後強くなる可能性もあるからです。これは潮汐分裂では起こらない現象なので、フレアが今後再び明るく発光するか、薄暗くなってゆくのか観測し続けることで確証がえられると思います」と継続した観測の必要性を示しています。

近づく星々を粉々に破壊し燃やし尽くすブラックホール。でも私たちが生きている間にその脅威にあうことはないので、50億年後の子孫の無事を祈りましょう。我々は他になんとかしなきゃいけないことが山ほどあります

原因はやっぱりあの人…。人類滅亡の「終末時計」が30秒進む

image: NASA
source: University of Sheffield, EurekAlert!
reference: Wikipedia - ロッシュ限界

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文
(Shun)

あわせて読みたい

powered by