ハンバーグをひっくり返すAIロボットアーム、よくよく考えると怖くなる理由

ハンバーグをひっくり返すAIロボットアーム、よくよく考えると怖くなる理由

バイト仲間はロボット

ロボット開発、世界中で進んでます。ロボットがする作業の中には人型ロボットである必然性があるものと、素人目には「これ、ただの専用オーブントースターで良くね?」というロボットがありますよね。それでも人型を追求してしまうのは人間の性でしょうか。

そんなことを考えさせられるのが、こちらのハンバーガーパテひっくり返しロボット・アームです。カリフォルニアのMiso Roboticsが開発しました。

engadgetのレポートによると、カメラとセンサー、それにディープラーニングによって学習をしたソフトウェアが温度や調理時間をトラッキングして、パテをひっくり返してくれるそうです。このパテひっくり返しロボ・フリッピー(Flippy)が他のロボと違うのは、人間一緒働くことを想定している点です。パテが焼けたら人間に通知して、チーズや他のトッピングをのせるように促します。

と、ここまで聞くと「こんな大層なロボットアームを使わなくても自動グリルを作ればいいのでは」とツッコミを入れて終わりにしたくなりますが、ここからが2017年です。

「自動運転車と同様に、私達のシステムは作業から継続して学習を続け、時間が経つほど改善されていくのです」とMiso RoboticsのCEO、ディヴィッド・ジトさんはengadgetに語っており、最終的には一つのロボットアームがチキンを揚げたり、野菜を切ったり、食器に料理を盛ったりと様々な作業を学ぶことができるようになるとか。そう、肉ひっくり返しはほんの序章に過ぎないようです。

そう言われると、わざわざロボットアームを使うのも納得がいきます。ロボットアームは既に人間には到達できないレベルの精巧な作業を正確に、かつ短期間でできるようになりました。そこに近年のセンサーやカメラの性能向上と値段が安価になったこと、そしてAI技術が組み合わさることで、一気にできる作業が増やせるようになったわけです。

本当にパテをひっくり返すことを効率化したいだけであれば、他のデザインの方が良いのかもしれません。しかしロボットアーム(人の作業モデル)という汎用性のあるマシーンが、AIとセンサーと組み合わさることで、キッチンで人間の腕がする作業の多くを学べるようになるわけです。

人間をモデルにすることで、キッチンのインフラを変えずに労働力をロボットにそのまま入れ替えるというメリットがあると...

アメリカでは既に、マクドナルド始め多くのファーストフード・チェーンがモニターに直接注文を入力するキオスクを導入しています。キッチンでもロボットによる効率化が進むのは間違いないでしょう。Miso Roboticsは「フリッピーは人間と一緒に働くロボットです(ニッコリ)」という売り出し方をしているようですが、ディストピアンなBGMが聞こえてくるのは私だけでしょうか...

イーロン・マスク「AIに勝てないなら、自分がAIになっちゃえばいいじゃない」

image: Miso Robotics / Vimeo
source: engadget, Miso Robotics

(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by