食虫植物はなぜ肉食になったの?

食虫植物はなぜ肉食になったの?

すべては、生き残るために...。

1980年代後半に公開されたアメリカのSFホラー映画『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』のなかでは、血に飢えたモンスターのように描写された食虫植物ですが、もちろん現実の世界でそんなことは起きません。

実際は何を食べるのかというと、生息地にもよりますがハエからカエルまで、ありとあらゆるものを捕まえて食べるといわれています。そんな食虫植物は、どのようにして肉食になったのでしょうか。

Nature Ecology & Evolutionで新たな研究結果を公開したのは、数名の日本人を含む国際的な科学者チーム。オーストラリア、アジア、アメリカ原生の3種類の食虫植物について詳しい分析が行なわれました。

研究では、まるで獲物を捕まえる落とし穴のような袋状の構造を持つ「嚢(ほう)状葉植物」の一種、オーストラリアの「フクロユキノシタ」の全ゲノム塩基配列を読み取って、ほかの植物の消化酵素と比較する遺伝子分析が行なわれました。

その結果、3種の食虫植物がそれぞれ遠く離れた地で進化してきたにも関わらず、鍵酵素を含む同様の遺伝的変化によって肉食になったことがわかりました。

1 食虫植物はどのように肉食になったのか
image: Nature Ecology & Evolution

研究の共同著者である福島健児さんは「各々に進化した食虫植物の消化液を比較することで、おそらく消化のために必要な特定の要件を満たすように酵素が相似した形で進化したことを発見した」と、米Gizmodoにコメントを残してくれました。

もともと食虫植物は栄養の少ない土壌に生息する傾向があり、 独自の食べ物によって生き延びてきたようです。福島さんによれば、食虫植物はほかの植物に欠けている消化酵素を分泌しているのだとか。

特に「キチナーゼ」とよばれる分解酵素は、ほかの植物にとっては主に病気と闘うためのもの。一方で、食虫植物は甲殻類や節足動物の外骨格が有する「キチン」とよばれる硬い繊維質の物質を消化するために分配するのだといいます。

今回の結果によって、異なる土地で進化した3つの食虫植物には、自分で食糧を確保するという近似した特徴を持つことがわかりました。いわゆる、収斂進化が起きていたのですね。

食虫植物、くるくると丸まって虫を喰う

top image: Warner Bros.
source: Nature Ecology & Evolution, Wikipedia

Rae Paoletta - Gizmodo US [原文
(Rina Fukazu)

あわせて読みたい

powered by