心拍数が計測できる最も薄い活動量計「Fitbit Alta HR」が4月中旬に発売予定

心拍数が計測できる最も薄い活動量計「Fitbit Alta HR」が4月中旬に発売予定

Fitbitの最新モデル「FItbit Alta HR」にその名の通り、心拍(Heart Rate)計が搭載されました。

できるだけスリムでおしゃれなフィットネストラッカーが欲しいのだけど、そうなると心拍数を測れるものがないんだよね…そんな風に思っていた方にぴったりです。これまで心拍数が測れるFitbitのモデルは、 ちょっと分厚いFitbit Charge 2か、ちょっとダサいスマートウォッチFitbit Blazeのみでした。

PR Timesによれば、FItbit Alta HRはFitbit Charge 2から25%スリム化を実現、心拍数を計測できるFitbitシリーズの中で最も薄い製品になりました。デザインはオリジナルのFitbit Altaとほぼ同じで、6色のカラーバリエーションに、交換可能な3色のレザーバンドと、シルバーのステンレススチールバンドを用意。ファッションアイテムとしても良い感じです。

FitBitによると、独自のチップを開発し構成部品の小型化と品数を抑えたことにより、デザインのスリム化と心拍センサーの搭載を実現できたとのこと。

バッテリー持続時間は7日間(Fitbit Altaのオリジナルモデルから2日長くなった)や、カロリー燃焼測定機能の改善、また心拍センサーを機能させることで、睡眠トラッキングの精度もより向上。浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠のそれぞれの時間をより正確に推測して、夜間に目覚めた時間を毎晩記録してくれます。

20170307_fitbit2.jpg

基本性能をまとめると、燃焼カロリー歩数と距離、睡眠の記録、心拍数の記録。さらに電話の着信、テキストメッセージ、カレンダーの通知をお知らせしてくれます。もちろん、時計表示も。

ジョギングなどの有酸素運動は、心拍数をチェックしながら適切な数値を管理しながら行なった方が、効率よく脂肪を燃焼させることができます。この春、しっかり体調を管理しながらダイエットに励んでみてはいかがでしょう。

Alta HRは、4月中旬より発売開始の予定、参考小売価格は21,384円(税込)です。

Pebbleファンに光明かも? Fitbitがまたもや別のスマートウォッチメーカーを買収

image: Fitbit
source: Fitbit, PR Times

Christina Warren - Gizmodo US[原文
(mayumine)

あわせて読みたい

powered by