国際論文連発の研究室が明かす、英作文超ノウハウ。Google翻訳ってスプレッドシートから使えるんだ!

国際論文連発の研究室が明かす、英作文超ノウハウ。Google翻訳ってスプレッドシートから使えるんだ!

GOOGLETRANSLATE」って関数になってたんですね!

英語がある程度できる人って、なんでか職場で「英語担当」みたいになっちゃったりして、たまに英文を書く必要に迫られていることと思います。でもそれが「たまに」であればあるほど、英文って抵抗感がありますよね。

英語で長ーい専門的な論文を書いてしまえる研究者の人にも同じ悩みがあるみたいで、神奈川工科大学でVRを研究する白井暁彦准教授の研究室では、Google翻訳とGoogleスプレッドシートで英作文を楽にするためのノウハウを編み出していました。白井准教授の研究室は「規模の割には国際投稿が多い」そうで、国際学会で入賞するなど世界的な成果を出されています。その白井准教授が、研究室で使われている英作文ノウハウをご自身のブログaki's right brainで惜しみなくシェアしてくれたんです。

でも専門的な論文をGoogle翻訳で翻訳できるの?と思われるかもしれません。ポイントは、Google翻訳が出力した翻訳結果をそのまま使うのではなくて、あくまで参考にしながら書くってことです。そしてその作業効率をものすごく高めているのは、Googleスプレッドシート上からGoogle翻訳に直接リンクして作業していくことです。

Googleスプレッドシートでは、Google翻訳を呼び出す「GOOGLETRANSLATE」という関数使えます。日本語原文を用意したら、それを適当な長さに区切ってGoogleスプレッドシートに入力し、隣の列に「GOOGLETRANSLATE」の式を入れていきます。言葉で書くより実物を見ていただくのが早いと思うので、白井氏の解説を元に、以下の例を作りました。

国際論文連発の研究室が明かす、英作文超ノウハウ。Google翻訳ってスプレッドシートから使えるんだ!2

上の画像のC列にはGoogle翻訳を呼び出す関数が入っていて、B列の内容を自動で英訳して表示してくれてるんです。画像にあるように、「=GOOGLETRANSLATE(B2,"ja","en")」で、「B2の中身を日本語から英語に訳す」ことができます。

でもこの英文はGoogle翻訳を通しただけなので、おかしい部分もあります。もっと複雑な原文だと、明らかな間違いも出てくると思います。なのでこの結果を参考にしながら、隣の列に自作の英文を入力していきます。並行してその次の列には日本語訳を自動表示する関数を入れておいて、自分が書いた英文の意味が通っているかどうか検証します。

国際論文連発の研究室が明かす、英作文超ノウハウ。Google翻訳ってスプレッドシートから使えるんだ!3

上のB列の意味とE列の意味がだいたい同じになるような英文をD列に書ければOKというわけです。最後まで書いたら、D列だけをWordなりGmailなり、実際に使う文書にコピペして、きれいな英作文のできあがりです。

単にGoogle翻訳を通すだけならスプレッドシートに入れる必要ないんですが、こうやって検証していく作業には、このやり方がすごく便利です。スプレッドシートに入っていることで、日本語と英訳の対応部分を探す手間が一気に圧縮されます。

なんだ結局自分で訳すんじゃん…と思われるかもしれませんが、ゼロから自分で訳すのと、下書きを修正するのとじゃ疲労度がぜんぜん違います。またこのやり方によって、日本語原文の曖昧さとか冗長さに気付いて修正することもできます。

ただこの方法でも、どこに出してもおかしくない英文が完ぺきにできるわけじゃありません。白井氏もブログで指摘しているように、日本語と英語では論法からして逆で、日本語では大事なことを最後に、英語では最初に書くのが普通です。なのでかっこいい国際論文とかビジネス文書にするには、これでできあがったテキストの中でも、文単位で入れ替えたり、それに合わせて説明の順序を変えたりといったことが必要になりそうです。

また英語の知的っぽい文章では1文が長くなる傾向があるので、Google翻訳が理解しやすいような簡潔な文をつなげただけだとドナルド・トランプっぽいというか、幼く見えてしまうかもしれません。とはいえ原文を長く複雑にするとGoogle翻訳のミスが増えると思われるので、それもあまりおすすめできません。必要に応じて、英文チェックサービスを使ったりするのが良いと思います。

それにしても今回Google翻訳をまとめて使ってみて、その精度が以前よりだいぶ高くなっていることに驚きました。あと一歩、というと言い過ぎですが、あと二、三歩で本当に使える翻訳こんにゃくができそうな気がしてきました。そしてそのサービスをスプレッドシートの関数として使えるのが21世紀な気がします。Googleスプレッドシートには、他にも面白い関数がいろいろあるみたいです。

さらに実際論文を書くときの使い方や、複数人で共同作業するときのTipsは白井氏のブログに詳細が書かれているので、英文を書く機会のある方はぜひ参考にしてみてください。白井先生、ありがとうございます!

top image: Julia Tim/Shutterstock
source: aki's right brain, Google, The Awl

(福田ミホ)

あわせて読みたい

powered by