「バイオハザード:ザ・ファイナル」の描写も段違い。いまさら聞けない「4K」って何?

「バイオハザード:ザ・ファイナル」の描写も段違い。いまさら聞けない「4K」って何?

  • Sponsored
Sponsored by ひかりTV

比べて見たらその差歴然。

量販店のテレビ売り場に行くと、右を見ても「4K」左を向いても「4K」というポップが飾られる時代となりました。また、「4Kノート」「4Kタブレット」「4Kスマホ」という言葉もよく見ますよね。

あー、うんそうそう4Kね。スゴイんだよね。と言いつつも、いったいぜんたい何がスゴいのか詳しく知らなかったりして。パッと見ると確かにきれい。でもきれいの一言だけで片付けちゃっていいのでしょうか。

本格化する4K時代を迎えるにあたって、「ひかりTV 4K」のオフィシャルサイトでしっかりと勉強してみませんか。

4Kのスゴい解像度=フルHDの4倍細かい

1702-03.jpg

地デジが始まったころから普及したフルHD。当時は「写真が動いている!」と言われるほど高解像に思えました(従来のファンデーションだと粉っぽさが目立ったためHD対応ファンデーションが開発され、テレビの現場で多用されるようになりましたっけ)。しかし大きい画面のテレビが売れるに従って、輪郭部分のザラザラ感が気になってきましたよね。

1702-01_720.jpg

4Kの解像度は約829万画素。フルHDの画素数が約207万画素なので、4倍もきめ細かな映像になるんですよ。「ひかりTV 4K」のオフィシャルサイトにアクセスしてみてください。フルHDと4Kの解像度の違いを体感できるコンテンツがあるのですが、マウスでルーペを動かすと一目瞭然。あくまでイメージとなりますが、「やっぱ画素数が多いっていいな!」となりますよ。

特にチェックしてほしいのが輪郭部分の毛のふさふさ感と、目。神は細部に宿るという言葉が示すとおり、細かい部分の再現力の差が映像に命を吹き込みます。平面のテレビに映し出しているのに、脳がだまされて立体感を感じるほど。映像の中の空気の香りすら感じ取れるようにも思います。

4Kのスゴいフレームレート=フルHDの2倍も多い

1702-033.jpg

約829万画素といっても、数千万画素が当たり前のデジカメと比べるとねえ…と考えてはいけません。4Kは動画であってこそ生きるのですから。

ここで注目すべきはフレームレート。1秒間に何枚のコマを表示するかを示すスペック項目です。従来のスタンダードなフルHDは約30fps(地デジテレビは29.97fps。映画は24fps)。一部の4Kコンテンツも約30fpsとなりますが、「ひかりTV 4K」の4Kコンテンツは60fps!約2倍もコマの数が多いんですよ。

フレームレートが高くなればなるほど、映像がシームレスに動いているように見えてきます。特に差が分かるのがカメラを横に動かしたときの映像。サッカーの試合を思い浮かべてください。ボールが左右に行ったり来たりするシーンがありますよね。フレームレートが少ない映像は画面の動きがガクガクとした、たどたどしい印象を受けますが、60fpsの映像はボールの軌跡や選手の動きがヌルヌルとつながって見えるのです。

また「ひかりTV 4K」のオフィシャルサイトを見てみてください。このサルの回転具合で30fpsと60fpsの見え方の差を感じとれます。左の方、30fpsのサルはGIFアニメかってつっこみたくなるくらいのガクガクっぷりですよ。

4Kのスゴい光再現性=HDRでリアリティたっぷり

4Kに続く高画質化規格として注目されているのが4K HDRです。従来のフルHDや初期の4Kコンテンツは、コントラスト差が著しいシーンにおいて明るいところは白飛び、暗い場所は黒つぶれとなってしまいがち。せっかくの背景やセット、そして俳優のディテールが失われているように見えてしまいます。

4K HDRは違います。人間の目で見たときの明るさの差を再現する技術&規格であり、逆光に照らされた場所の中にも色味が、濃い影が落ちたシーンでも深い濃淡差があることが分かります。

例えば花火を想像してみてください。リアルに見る花火は黒い夜空に色とりどりの光がちりばめられ、さらに爆発のケムリが漂います。従来のフルHDなどはこのケムリがジャマ。ケムリの明るさに点光源となる花火の光が覆われ、白くモヤがかかっているように見えちゃうんですね。でも4K HDRは、ケムリの中にも鮮やかな光が弾けて散るまでの様子がクッキリと映し出せます。

ひかりTV 4K」はもちろん4K HDRコンテンツを豊富にラインナップしており、4K HDR対応テレビがあれば光と色の輪舞曲を思う存分堪能できますよ!

4Kが実現した大きな特徴はこの3つ。もし4Kテレビが欲しくなって、奥さんを説得しなければならないとき、この3つのメリットを軸にプレゼンしてくださいね。

特に見てほしいのがアクション映画です。没入感がスゴいんですから

スゴい、スゴいと言い続けてきた4Kですが、実際に見ると本当にスゴい。SD画質のDVD→フルHDのブルーレイ映像も格段の差がありましたが、フルHD→4Kの映像にも「次世代きちゃったなあ」という印象を抱きます。

すでに提供されている4Kコンテンツをいろいろ見ましたが、僕個人の趣味もありますけどやっぱりアクション映画がいいですね。それもホラーテイストが入ったものが、いい!

170327_hikariTV_02_02.jpg

参考にと見せてもらった「バイオハザード:ザ・ファイナル」は暗めの色を多用した作品ですが、シルエットの中にあるゾンビたちの表情まで見えてくるんですよ。暗い室内の中、バンッバンッと光るマズルフラッシュ! その光に照らされる敵の数々が圧迫感、あります。機関銃的なフラッシュが続く、瞬間的に大きく光量が変化するようなシーンでも目が追従します。連続的な白飛びがキツいなーと感じる普通のDVDやブルーレイよりも見やすい。

4Kの精細さもグッと生きています。ミラ・ジョヴォヴィッチが演じる主人公アリスの「鋭い目」が映像の中でアクセントとなっているのが分かる。視線の先に何があるのか…と先のシーンをドキドキしながら待ち受けてしまいます。

ジェットコースターのように見せ場が満載だし、舞台セットやゾンビの顔の作り込みなど映画美術の極みっぷりもいい作品だなあ。ストーリーを楽しむために1回、細部を見るために1回、そして両方を堪能するためにもう1回、ひかりTVで見てみたくなりますね。

肝心の4Kコンテンツは…ご安心ください、そろっていますよ

170327_hikariTV_02_04.jpg

もし奥さんに「だって4Kのテレビ放送ってまだなんでしょ?」と言われてしまったら、「ひかりTV 4K」の出番ですね。映画、ドラマ、ドキュメンタリー、音楽、スポーツ、キッズ・特撮、バラエティ、アイドル・グラビアといった多数のカテゴリーに、多くのコンテンツがそろっていますよ。

リラックス効果が高い海の中の世界を撮った「オーシャンズ」、元気な気分になれるミュージカル仕立ての「ANNIE/アニー」、古典の名作をリマスターした「アラビアのロレンス」もオススメ。「死霊のはらわた(2013)」も4Kで見られるよ!…とは言わない方がいいかも? これ、本当に怖いですから。高解像になったことで怖さマシマシですから。

ほかにもたくさんの作品がそろっています。コンテンツリストを見て、好みのタイトルを見つけてくださいね。

©2016 Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

source: ひかりTV 4K

(武者良太)

あわせて読みたい

powered by