iPhoneとMacBookが合体? トラックパッドにiPhoneをはめて使う謎の特許が登場

iPhoneとMacBookが合体? トラックパッドにiPhoneをはめて使う謎の特許が登場

ガコッと。使い勝手はどうなのかな?

近年、ますます巨大化するMacBookの「トラックパッド」。昨年登場した新型MacBook Proトラックパッドは、iPhoneよりも大きいほどです。そしてそんなiPhoneやiPadを、MacBook風のディスプレイのトラックパッドにはめ込んで、コンピューターのように使う特許をApple(アップル)が出願していました。

米国特許商標庁で公開された説明によると、この特許はiPhoneやiPadがコンピューターの頭脳として働きます。つまりMacBook風の端末はディスプレイやキーボード、外部接続端子を搭載しただけの「ガワ」。iPhoneやiPadがそのマシンパワーの中心となるのです。最近のモバイル向けプロセッサは非常に強力ですから、大型ディスプレイを利用したPC的な利用方法も十分可能でしょう。

さらにiPhoneやiPadは、下のイラストのようにラップトップのトラックパッドとしても利用されます。

Apple 合体 特許

このような合体系のハードウェアとしては、過去にASUSが「PadFone mini」としてタブレット風端末スマートフォンを合体する製品を提供していました。これは外出時はスマートフォンを利用し、職場や自宅ではタブレット風端末にスマートフォンを挿入して、大型ディスプレイで利用するというもの。個人的にはかなり好きな端末だったんですけど、最近は後継機の話などは聞かないですね…。

いつものことながら、テック企業は実現可能なものから不可能なものまでさまざまな特許を出願しており、今回の特許も製品化に結びつくのかは不明です。さらにAppleはiPad Proをラップトップのように使える「Smart Keyboard」をリリースしているので、それに競合するような製品は発表しないかもしれません。

でも、普段のスマートフォンを安価なラップトップ風の端末に挿入してPCとして使えたら、それはそれで楽しそうです。これ、サードパーティーのメーカーから製品化とかしないかなぁ…?

これが指紋認証の最先端? Appleがディスプレイを使った新特許取得

image: United States Patent and Trademark Office
source: United States Patent and Trademark Office
reference: ASUS Global

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by