Mac対応! レトロ&エレガントなゆるふわ愛されキーボード「lofree」

Mac対応! レトロ&エレガントなゆるふわ愛されキーボード「lofree」

Mac、iOS、Windows、Android。どんな相手ともおつきあいしてくれます。

KAWAIIは正義を地でいくようなプロダクトといえるでしょう。「lofree」は、タイプライターのキーボードにインスパイアされたBluetoothキーボード(有線接続にも対応)。丸いキーキャップが浮いているようなエクステリアは、格好良さよりも可愛さを第一条件としたかのようですね。

こちらはlofreeによるプロモーション映像です。

メカニカルキーボードの多くはゲーミングキーボードですが、lofreeは作家やデザイナー、そして美しいデザインを持つキーボードを愛するすべての人に向けて作られました。キーレイアウトは、Aキーの横にCaps LockキーがくるMacのUSキーボードに準拠

キースイッチはしっかりとした重みがあり、タイプ音も大きなGateronの青軸が使われています。上はlofreeによる打鍵音の動画なんですが、音の気持ち良さもしっかり。ノスタルジックなフィーリングを目指したということなので、青軸の採用はこだわりポイントなのでしょう。

lofree 2

バックライトを光らせるとサイバーな雰囲気も醸しだしますね。ナイトライトとして使ったらかっこいーよなー。なお3段階の明るさのバックライト設定があるそうです。バッテリー容量は4,000mAh。一番明るくすると約720時間(30日)、一番暗くすると約1,584時間(66日)、消灯すると約15ヶ月もちます。ロングライフですね。また重さは800g以下。これなら持ち歩ける?

lofree 1

カラバリは、ピュアホワイト、ターコイズブルー、サンドストーンブラックの3色が基本色となります。このキーボード、現在はクラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金調達中で、すでに目的額の3,000%を超えているので他のカラーも期待できるかも?

定価は99ドルの予定ですが、いまならまだで15%offの84ドル(約9,600円)でゲットできますよ!

もっと読む:
HHKBの20年を振り返る特設サイト開設。そしてキャンペーンも実施中

image: lofree - Twitter, Indiegogo
source: lofree, lofree - YouTube 1, 2, Indiegogo

(武者良太)

    あわせて読みたい

    powered by