花粉のシーズンでも窓を全開にできるかも!? 網戸のように使える透明な空気清浄フィルター

花粉のシーズンでも窓を全開にできるかも!? 網戸のように使える透明な空気清浄フィルター

網戸が全部これになって欲しい...。

今や世界の約9割の人々が大気汚染された環境で住んでいるとされる現代。微小粒子状物質(PM2.5)によって健康を害される人々は少なくありません。認知症やアルツハイマー病の原因になるとの研究結果もあり、大気汚染対策はもはや必須とも言えるかもしれません。New Atlasによると、そんな大気汚染の影響を劇的に減らしてくれるであろう画期的な透明空気清浄フィルターを、シンガポール国立大学の科学者が開発しました。

従来の空気フィルターの問題点は、強力なファンの力がないと空気をフィルターに通すことができず、さらに光も遮ってしまう点にありました。建物内のエアコンや、空気清浄機に使う分には全く問題ないのですが、虫を防ぐ網戸のように窓に使うことはできません。しかし今回開発された新フィルターはこの問題点をクリアしたのです。

まずシンガポール国立大学の研究者たちは、主に染料に使われる「フタロシアニン」という化合物を使い、自動的にブロックのように重なり合ってナノ粒子を作り出す有機分子を生み出しました。この有機分子は最終的に、ナノファイバーを形成します。またこの物質は安価に製造可能で、既存の薄いメッシュや、不織物に簡単に塗ることができ、乾くと自動的にナノファイバー化します。つまり薄いシートにこの有機分子を染み込ませるだけで空気清浄フィルターになるのです。

こちらはNUS Lifeによる解説動画です。

この有機分子を染み込ませたフィルターはなんと90%ものPM2.5物質を除去し、従来のフィルターに比べ2.5倍も風通しが良いのです。しかもこの結果は非常に薄いシートを使った実験によるものなので、もしさらに厚いシートを使ったり、フィルターを何重にも重ねた場合、有害物質の除去率はさらに向上すると、研究者は論文誌Smallで説明しています。

何と言ってもこのフィルターの最大の特徴は光を通すほどの薄いシートでも効果を発揮するという点。つまり網戸の代わりにこのフィルターを使うだけで、窓を開けていても有害物質の進入を防ぎつつ外気を取り入れることができるんです

もちろん微小な有害物質だけでなく、花粉症の人にとっても救世主と言えるフィルターなんじゃないでしょうか? 現在は特許出願中とのこと。実用化が非常に待ち遠しいですね。

大気汚染は認知症やアルツハイマー病を誘発するおそれがある
毎日バナナを食べると花粉症が改善する!? 理科大。

image: Youtube - NUS Life
source: New Atlas, National University of Singapore

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(Shun)

あわせて読みたい

powered by