ニンテンドースイッチにハッキングの恐れがあるバージョンの「WebKit」を利用中?

ニンテンドースイッチにハッキングの恐れがあるバージョンの「WebKit」を利用中?

やっぱり、ハッキングが心配。

新ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」は、もちろんゲーマーから大人気なわけですが、残念なことにハッカーからも注目を浴びているようです。なぜなら、同ゲーム機に利用されている「WebKit」は脆弱性見つかっているバージョンなんだそうですよ?

ちなみに、WebKitとはブラウザレンダリングエンジンのこと。9to5Macの解説によれば、ニンテンドースイッチに搭載されているWebkitは古いバージョンで、iOS 9.3.xのjailbreak(脱獄)に利用されていたものなんです。これが即、ニンテンドースイッチのハッキングにつながるかどうかは不明ですが、同バージョンには任意のコードを実行できる抜け穴が存在しています。

ただ、ニンテンドースイッチにはブラウザが(表面的には)搭載されていません。とはいえ、公衆Wi-Fiへの接続方法としてだけは、ユーザーに開放されています。そして、とあるユーザーがこの限定的なブラウザで、ローカルなウェブページへのアクセス成功しているんです。

このニュースは海外で広く広まっており、おそらく任天堂は近日中にセキュリティホールへの対策を行うことでしょう。なお、なぜ任天堂が最新のゲーム機にこのような古いバージョンのWebKitを利用しているのかは不明です。もしかしたら公式にはブラウザ非搭載ということで、ちょっと油断していたのかもしれませんね。

「ニンテンドースイッチ」発売後、アダルトサイトのトラフィックが大幅減

image: Nintendo / YouTube
source: 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by