ゲームのコントローラーという「手錠」に、ニンテンドースイッチは自由をくれた

    ゲームのコントローラーという「手錠」に、ニンテンドースイッチは自由をくれた

    しみじみと、いいなぁと。

    発売日に「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を手に入れてから毎日ゼルダ三昧。海外ドラマ『プリズンブレイク』にハマったときみたいに、徹夜でゲームに明け暮れてます。

    完全にニンテンドースイッチャーと化したぼくが感動したのは、コントローラーJoy-Conです。でも別に、「隠しメッセージがある」とか、「WindowsやMac、Androidでも動作可能」だとか、HD振動がすごいとか、そういう話ではありません。単純に…

    左右の手でばらばらに持てる!

    これにつきます。今までのコントローラーって右手と左手はどうしても近くに置いておかないといけません。その様子って「手錠」みたい。Nintendo Switch本体にも、Joy-Conを2つ取り付けてグリップ型のコントローラーにできる「Joy-Conグリップ」がデフォルトでついていますが、これなしで左右の手でバラバラに持っても一つのコントローラーとして使うことができるんです。

    20170310gizmodo_switch_IMG_0102.JPG
    Joy-Conグリップ

    170310_joy_con_6.jpg
    こんな感じ

    なんでバラバラに持つかといいますと、めちゃくちゃ楽。ちょー楽。腕の位置に自由がきくので、腕や肩の疲労が感じにくい。コントローラーを握っていても、自由に姿勢が変えられるのが楽ちんな理由でしょうか。なのでJoy-Conグリップを使ったのもNintendo Switchを買ったその日だけ。

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』もJoy-Conを使えば…

    170310_joy_con_5.jpg
    草刈り中

    こーんな姿勢だったり…

    170310_joy_con_3.jpg
    戦い中

    こんなだったり…

    170310_joy_con_4.jpg
    やられそう

    こんなでもプレイできちゃうんです。自由

    ちなみに僕の基本姿勢は写真一番上の肘付きスタイルです。頭を支えられるのが楽。この姿勢全部が、これまでのグリップ型コントローラーだとできなかったんですよね。現実の疲労感を感じないとそれだけゲームへの没入感もマシマシ。オープンワールドで自由度の高い『ゼルダの伝説』と相まって、両手の自由を満喫しております。

    「ニンテンドースイッチ」レビュー:”ゲームを遊ぶ”と”ゲームで遊ぶ”。2種類の遊び方をスイッチできるゲームハードの究極進化系
    「ニンテンドースイッチ」レビュー:ゼルダは最高、今はそれだけだけど…

    photo: ギズモード・ジャパン編集部
    source: NINTENDO SWITCH

    (ささきたかし)

    あわせて読みたい

    powered by