ヒャッハー! ポストアポカリプティック・フェス「Junktown 2016」の様子

ヒャッハー! ポストアポカリプティック・フェス「Junktown 2016」の様子

終末を楽しむ皆さんがおそろいです。

皆さんはリアル『マッドマックス』を堪能できるイベント、「ウェイストランド・ウイークエンド」をご存じでしょうか? カリフォルニアで開催されているイベントで、興味と憧れを抱くファンは多いかと思いますが、実は似たようなイベントがチェコ共和国でも行われています。

それがポストアポカリプティックなフェスである「JUNKTOWN(ジャンクタウン)」。2016年に撮られた会場の様子を一緒にウィットネスし、ヴァルハラの門まで行ってみるとしましょう。

こちらはEP!C TVの動画でした。

メチャメチャ緊張した面持ちのお姉さんのレポートは、ゲートから世紀末的な改造車がやって来るところから始まります。

思い思いの世紀末コスプレをした人たちが集結し、中にはイモータン・ジョーの姿も見られます。JUNKTOWNは主にゲーム『マッドマックス』などをカルト的に愛する人々によるトリビュートとして生まれたようです。

プラハの郊外の街、ブラトロニツェにて行われているこのフェスですが、会場にはドリンク・バーもあれば、世紀末的なフットボールの試合にファイト・クラブと書かれたボクシング対決の場まであり、ヴィジュアル的には荒廃していますが、中身は健全な屋外イベントで、各々リラックスした雰囲気で楽しんでいるようです。

さらには、地下壕で演奏される悪魔のロックやダンスといったパフォーマンス、それに展覧会にゾンビものや冷戦時代の映画なども楽しめ、終末世界を生き抜くためのワークショップにも参加できるそうなので、かなり総合的なエンターテインメントイベントになっているのではないでしょうか。

2017年の開催は6月22日から25日まで。気になる方はウェブサイトJUNKTOWNをチェックしてみてください。ほとんどがチェコ語で書かれていますが、気になるコンテンツばかりです!
もっと読む
映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場した改造車の美しく世紀末な写真集|ギズモード・ジャパン
世界が終わるのも悪くないと思える楽しい終末作品8選|ギズモード・ジャパン

image: YouTube
source: YouTube, JUNKTOWN

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by