地味なんだけど感動的! MacやPCで「PS4リモートプレイ」できるって知ってた?

地味なんだけど感動的! MacやPCで「PS4リモートプレイ」できるって知ってた?

  • Sponsored

どこでも繋がる時代。最高じゃん!

インターネットを通じたサービスが当たり前となってきた昨今、日常生活のさまざまなシーンで光回線の恩恵を感じます。パソコンはもちろんのこと、ゲーム機も今やインターネット接続が当たり前になりました。

ゲームのダウンロード購入をはじめ、通信対戦や協力プレイではポテンシャルの高い回線があると有利。また、ちょっとユニークな遊び方として、自宅のPS4のゲームを好きな場所へ持ち出せる「PS4リモートプレイ」という機能があります。

170223remk01.jpg

これは対応端末から自宅のPS4を遠隔起動し、自宅でも外出先でもゲームを楽しめるというシステム。この接続例はWindows PC/Macからですが、対応スマートフォンやPS VitaなどからでもPS4の遠隔プレイを楽しむことができるんです。そうです、もう「据え置き型ハード」だからといってプレイ場所がテレビの前だけとは限らないのです。

外出先でもPS4が遊べる! リモートプレイを設定する

PS4リモートプレイを楽しむにはいくつかの方法がありますが、今回は以下のような環境でテストしてみました。

■使用機器
・12インチラップトップ
・iPhone(テザリング用)
・PS4(リビングに設置)
・PS4のワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)

■今回の接続環境
・自宅(光回線)
・外出先(喫茶店でテザリング、編集部のWi-Fi)

自宅の回線はもちろん、仕事先や外出先でも万全の体制でゲームに挑める!ということを実証しようというのです。「遊んでないで仕事しろ」というご意見を真摯に受け流しつつ、リモートプレイの設定を行なっていきましょう。

170223remk02.jpg

まず、PS4側の設定を行なう必要があります。こちらは公式サイトで手順が解説されています。

・(設定)>[リモートプレイ接続設定]を選び、[リモートプレイを有効にする]のチェックを付ける。
・(設定)>[PlayStation Network/アカウント管理]>[いつも使うPS4として登録]を選び、設定をする。
・PS4がスタンバイモード中にリモートプレイを始めるには、(設定)>[省電力設定]>[スタンバイモード中の機能を設定する]を選び、[インターネットに接続したままにする]および[ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる]のチェックを付ける。

170223remk03.jpg

これらの設定を済ませたら、パソコン側の設定です。同じく公式サイトからWindows PC/MacのOSに合ったアプリケーションをインストールして実行。ワイヤレスコントローラーを接続し、Sony Entertainment NetworkアカウントでサインインすればOKです。

170223remk04.JPG

これだけでMac(Windows PC)でPS4ゲームが遊べるー!! テレビに縛られないゲームライフ、素敵すぎる。

誰にも邪魔されず自室でも、リビングでゆったりでも。それこそベッドルームだって、インターネットに接続できていれば、フリースタイルでPS4ゲームを楽しむことができます。

テレビの大画面と比べるとミニマムなプレイ環境となりますが、不毛なチャンネル争いから抜け出すことができるメリットは計り知れません。子供はオンデマンドでアニメ番組、自分はゲーム。ゆったりとした休日を過ごすことが可能。お互いWIN-WINですね!

より詳しい接続方法や動作環境に関しては公式サイトをご確認ください。パソコン側にそこまで高速なスペックは必要ありません。ただ、PS4の映像をリアルタイムに転送するため、それなりに回線速度は必要ですけどね(目安として、上り下りと最低5Mbps以上)。

さらに、「DUALSHOCK®4 USBワイヤレスアダプター」があれば、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)を無線で接続して楽しむことができますよ。

空き時間は俺の時間。リモートプレイで僅かな時間でもゲームを進める!

170223remk05b.jpg

「あ、お構いなく。ちょっと休憩(ゲーム)してるだけですから

リモートプレイは、クライアント(今回はMac)とインターネット回線さえあれば、どこでも自宅のPS4と接続できます。編集部のWi-Fiに接続しても当然プレイ可能です。仕事や打ち合わせの合間にも、こうしてゲームができちゃうってステキじゃないですか?

もちろん、やり過ぎは禁物。でも、ちょっと休憩したい時ってありますよね。本質的にはスマホゲームや携帯ゲームやるのと同じものだ! と思っています。

170224_so-net_2.jpg

クライアントはインターネットで通信できればOKなので、iPhoneのテザリングやモバイルルーターでも接続できますよ。2017年は喫茶店やコーヒーショップでPS4リモートプレイするという意識高い系ゲーマーが急増することでしょう。

……というのは冗談ですけどね。でも、こうして外出先からも自宅と同様にプレイできるのは、本当にすごい時代です。

快適なPS4リモートプレイのカギを握るのは光回線のポテンシャルだ!

170223remk07b.jpg

PS4リモートプレイ、このしくみが子どもの頃にあったら、どんなに快適なゲームライフだったろう?そんな妄想もしたくなりますが、当然そんなことはあり得ないお話しです。だって、PS4リモートプレイは近代の高速なインターネット回線だからこそ実現できたゲームスタイルなのですから。

さらに言えば、高速ブラウジング、高画質なオンデマンド、そしてこういった現代ニーズにマッチした遊びのスタイルなど、暮らしを豊かにするためにも高速な光回線は必須だと言えます。ただ、なんだかんだで、やっぱり複雑なのも光回線の悪いところ。

「高速回線には憧れるけど、正直どう契約するのかわからない」

といった声も聞こえてきます。でも、大丈夫。こういった声に応えられるサービスもあります。

170223remk08.jpg

例えばSo-netが展開しているSo-net 光 コラボレーションは、NTT東日本/西日本の光ファイバーとプロバイダーサービスをSo-netがセットで提供してくれるという光回線サービス。申込先から料金の支払先まで、So-netだけでOK。

速度は最大1Gbps。料金は契約するサービスや割引によっても変化しますが、戸建てで月額4,000円〜、マンションで月額2,900円〜。セキュリティサービスが最大12ヶ月無料で付帯したり、キャッシュバックキャンペーンなども展開しているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

170223remk09.jpg

また、プレイステーションストアと連携したキャンペーンとして、「So-net 光 コラボレーション」に申し込むと“プレイステーション®ストアチケット”が最大3万5000円分プレゼントされるというキャンペーン(2017年3月末まで)なども行なっていますよ。

“プレイステーション®ストアチケット”は、プレイステーションストアからのゲームタイトル・ビデオコンテンツの購入をはじめ、先日、国内でのWindows PC対応が2017年春と発表された、「PlayStation Now(PS Now)」の料金支払いにも利用することができます。PS NowはPS3のゲームをストリーミングで遊べるというサービスのため、こちらも光回線の実力が活きますね!

現代はインターネットによって遊び方・楽しみ方も広がります。今回は一例としてPS4リモートプレイを体験しましたが、キッカケはゲームでも、オンデマンドでもなんでも構いません。要するにインターネットを通じて、どれだけ趣味や生活を豊かにできるか?です。

それには、やはり高いポテンシャルを備えた光回線が有利であることは間違いないのです。ぜひ、手軽に申し込めて、キャンペーンもオトクな「So-net 光 コラボレーション」をチェックしてみましょう。

制作協力: ソニー・インタラクティブエンタテインメント

『人喰いの大鷲トリコ』

少年と、人喰いと恐れられる大鷲・トリコ。共に行動するはずのない一人と一匹が、忘れ去られた古代遺跡で冒険を繰り広げるアクション・アドベンチャー。オフィシャルサイト
©2016 Sony Interactive Entertainment Inc.

source: So-net 光 コラボレーション

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by