サイボーグフラワーで、光合成で発電できる未来がくる?

サイボーグフラワーで、光合成で発電できる未来がくる?

文字通り、グリーン・エナジーです。

世界初の電気植物として、初めて電気回路を持つサイボーグバラが誕生したのは、2015年のこと。スウェーデンにあるリンショーピング大学の研究者たちによって開発されました。花はシリコン製…ではなく、合成ポリマー。電気信号の伝導のほか自己組織化が可能な維管束系を構成しています。維管束とは、水や養分の通り道となる束状の組織のこと。

2015年の研究段階では、合成ポリマーが植物の維管束組織を通過するにつれて、局所的に有機回路をつくりながら凝集する傾向が課題視されていました。そこで今回の研究で開発されたのは、花全体電子機能を与える「オリゴマー」とよばれるポリマー。オリゴマーは「bis[3,4 ethylenedioxythiophene]3thiophene butyric acid」と「3,4-ethylenedioxythiophene」を使って作られました(※「発音しようと頑張らないで、ケガするだけよ」と、米Gizmodo記者)。重要なのは、この新しいオリゴマーは分子サイズが小さいので、茎や葉、花を含む植物全体の維管束組織に伝達できるということ。

ars Technicaによると、今回のサイボーグフラワー研究における新たな進歩は、それだけじゃありません。研究の詳細が掲載されているPNASによれば、茎の内部を形成するオリゴマーはすべて互いに並列に配線されていて、植物細胞で分離しているため電解質富んだ性質になっているのだとか。これは、電気自動車の回生協調ブレーキシステムが一時的に蓄電するのに用いられる「スーパーキャパシタ」をつくるのに重要な要素だそう。スーパーキャパシタとは、要は短時間で多く充電できるバッテリーのことをいいます。

さて、この技術で、たとえば外出先でiPhoneを木に挿して充電できるようになるのか…というと、残念ながらそういうことではないみたいです。とはいえ、今回開発されたサイボーグフラワーによって、ソーラーパネルいらず太陽光発電は可能になるかもしれません。将来的には植物の光合成を利用した発電が期待できるのだそうです。

昨年MITによって発表された、植えるだけで土壌から爆発性のある物質を発見してくれるほうれん草なども含めると、観賞用や食用にとどまらない草花×テクノロジーの未来はきっと、わたしたちが想像しているよりずっと果てしないのでしょうね。

腹ぺこバクテリアが下水からエネルギーを取り出し、電力なしで水を浄化

image: Prezoom.nl / Shutterstock.com
source: ars Technica, PNAS
reference: Wikipedia

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(Rina Fukazu)

あわせて読みたい

powered by