オカルト映画界に新風を吹き込みそうな黒魔術映画『ア・ダーク・ソング』予告編

オカルト映画界に新風を吹き込みそうな黒魔術映画『ア・ダーク・ソング』予告編

つらく、長い儀式の向こうに待つのは……?

昨年テキサスで開催された「ファンタスティック・フェスト」で喝采を浴びた映画『ア・ダーク・ソング』の拷問のような儀式が続く予告編が公開されました。

本作は秘密を抱えた主人公のソフィアが黒魔術を使って過去に犯した過ちを正そうと、アルコール依存症かつ人嫌いの黒魔術師ジョセフにプロの助けを求める物語。儀式は半年間にもおよび、もし失敗すれば悪魔に魂を奪われるという大変危険な賭けのようですが……。

こちらはio9が取り上げたIFC Filmsの動画でした(トップ画像はUHM - Upcoming Horror Moviesより)

本作は呪いの館系ホラーではなくオカルト……しかも黒魔術による儀式という古典的なテーマが現代の設定で描かれます。

低予算な映画なだけあり、シーンのほとんどが結界の張られた屋敷の中で撮影され、特殊効果も少なめのようですが、ソフィアの執念とジョセフの強烈なプロ意識が織りなす緊張感と、ダークな極限状態がこれでもかと感じられます。

どうやらソフィアは失った息子の声が聞きたいと願っているようで、彼女が正したい間違いも息子の死と関係があるのかもしません。ジョセフはこれまで3度の挑戦で成功は1度きりの模様。

男女ふたりが一つ屋根の下にいる中、風呂桶に沈めたり生き血を飲ませたりと過酷すぎる日々を過ごすようですが、じょじょに発生していく超常現象や気を失ったまま引きずられるジョセフ、ケガを負って流血するソフィアなどなど、クライマックスに向かって何が起きていくのかがとにかく気になります。

映画『ア・ダーク・ソング』は4月28日にアメリカにて公開/配信予定です。
もっと読む
オカルト・サスペンス映画『哭声/コクソン』 特別映像。脳と心が震える奇奇怪怪の裏側

image: YouTube
source: YouTubefantastic fest, Gizmodo io9 1, 2

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by