セットがすさまじい! 映画『エイリアン:コヴェナント』の撮影現場

セットがすさまじい! 映画『エイリアン:コヴェナント』の撮影現場

リドリー・スコット御大も登場。

映画『エイリアン』の前日譚にして『プロメテウス』の続編『エイリアン:コヴェナント』。その撮影に使われるセットでは、H・R・ギーガーが生み出した世界観が再構築されています。

io9より、Testedのアダム・サヴェッジがシドニーのスタジオを訪問した様子を見てみましょう。

このセットは『プロメテウス』で使われたものを完全再現しているとのこと。この訪問の2日後には撮影が開始されるとあって、スタッフはセット全体、そしてスペースジョッキーの椅子にも最後の仕上げをしています。

エンジニアの船内はファイバーグラスで成形されているのですが、その外側は未塗装で木材が支えています。こうした作り方は100年前の映画セットと同じというのは驚きでしょうか? それとも納得?

スタッフの総仕上げは撮影前になんとか間に合ったようですが、リドリー・スコット監督がスタジオ入りしてから、彼が気付いた点などをさらに細かく修正していったのでしょうね。こうした撮影現場があることを念頭に見ると、本編映像もまた違った印象を受けるかもしれません。

映画『エイリアン:コヴナント』は2017年9月15日(金)に全国公開です。

ショウ博士登場。映画『エイリアン:コヴェナント』と『プロメテウス』の間を描く短編が公開

image: (C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved via YouTube
source: YouTube

Germain Lussier - Gizmodo io9[原文
岡本玄介

あわせて読みたい

powered by