Apple、Samsungに有機ELディスプレイを大量発注。やはりiPhone 8に搭載か?

Apple、Samsungに有機ELディスプレイを大量発注。やはりiPhone 8に搭載か?

やっぱり、iPhone 8に…?

季節も春となり、いよいよ気になる次期iPhone(通称:iPhone 8)の噂。ディスプレイサイズが変わるのか、あるいは物理ホームボタンがなくなるのか…。そんな中、Nikkei Asian ReviewはApple(アップル)が7,000万ユニットの有機EL(OLED)ディスプレイパネルをSamsung(サムスン)に発注したことを報じています。

7,000万ユニットという膨大な発注数…これは、iPhone 8でOLEDディスプレイ搭載モデルの登場を示唆していると考えられます。以前には、OLEDディスプレイの供給はハードルが高く、Samsungは2017年中に大量生産できない可能性があると報道されましたが、うまく克服したのかもしれません。

過去のデータを参考にすると、iPhone 7が発売された2016年10~12月期のiPhoneの販売台数は7,829万台。今回の7,000万ユニットと比べると、すべてのモデルにOLEDディスプレイを搭載しないにせよ、プレミアムモデルのiPhone 8に搭載するディスプレイは十分に確保できそうです(関連記事:新型iPhoneは全モデルが有機ELディスプレイってわけじゃない?)。

なおOLEDディスプレイは曲げることが可能で、Nikkei Asian Reviewの報道によると、iPhone 8ではわずかにカーブした5.2インチのOLEDディスプレイが搭載される可能性があると報じられています。

一方Samsungは、以前より曲面OLEDディスプレイを搭載したスマートフォンをリリースしており、つい先月には新型の「Galaxy S8」も登場しました。曲面ディスプレイって店頭で見ると圧倒的に存在感があるんですよね。これにiPhoneが追従するのは嬉しいような、少しさみしいような…複雑な気分です。

それ以外にもiPhone 8では防水仕様やワイヤレス充電機能、3Dセンサーによる顔認証機能、それに物理ホームボタンの廃止が噂されています。こうやって聞くと、今回のOLEDディスプレイにしてもGalaxy S8とほとんどスペックが一緒ですな…。かつてiPhoneはオンリーワンの存在でしたが、いずれワンオブゼムとなってしまうのでしょうか?

iPhone 8、まさかの11万円超えに? 大幅アップデートが原因か
わお、ほんとに真っ赤っか! iPhone 7/7 Plusに新色登場

image: Andrey_Popov / Shutterstock.com
source: Nikkei Asian Review
reference: Nikkei Asian Review

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by