『シャークネード』は現実だった。オーストラリアの超大型サイクロンで道路にサメ

『シャークネード』は現実だった。オーストラリアの超大型サイクロンで道路にサメ

サメが落ちている…?

先日、オーストラリアの北東にあるクイーンズランド州に100年ぶりの巨大なサイクロン「デビー」が上陸し、各地に甚大な被害を残していきました。少なくとも2人が死亡、4人が行方不明になっただけではなく、路上にサメが打ち上げられるという珍事件も発生。クイーンズランド消防署はTwitter上で路上のサメの写真を共有し、近辺の水害エリアから離れるように警告しました。

写真、デビーが上陸した北部のエアーという街近くの路上の水たまり。泥まみれのオオメジロザメが「落ちて」います。これぞ、文字通りシャークネード」現象

こちらはCharles D. Henryがアップロードした『シャークネード』トレイラーでした。

この地域では激しい雨が続き、クイーンズランド州で最も被害が大きかった地域では、降水量200mm/hの激しい雨、5万件以上の住宅で停電が発生、住民2万5000人に避難勧告が出されました。

期待通りの偏差値の低さ。映画「シャークネード:フォースの覚醒」の予告編

image: Queensland Fire and Emergency Services/Twitter
source: 7 News Australia, news.com.au, YouTube

Matt Novak - Gizmodo US[原文
(mayumine)

あわせて読みたい

powered by