ハンス・ジマーによる映画『インセプション』の音楽の生演奏が鳥肌モノ!

ハンス・ジマーによる映画『インセプション』の音楽の生演奏が鳥肌モノ!

圧が違いますね、圧が。

2017年4月14日〜16日の3日間にわたり開催された、アメリカの音楽フェスティバル「Coachella 2017」にて、ハンス・ジマーらによる映画『インセプション』の音楽の生演奏が披露されました。

映像はCoachellaのYouTubeアカウントにアップされたもの。

冒頭からはじまる『Dream is Collapsing』のなんと重厚なことか! こんな大規模編成でこの曲を浴びれるなんてたまりませんね。続く『Mombasa Suite』もパーカッシブサウンドが心地良い。生のドラミング、生の迫力と、ハンス・ジマーサウンドの相性の良さたるや、です。

ステージをよく見てみると、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』にてワンダーウーマンのテーマを弾きあげたTina Guoさんもチェリストとして出演されていますね。白のエレクトリック・チェロが印象的。

Coachellaのチャンネルにはレディオヘッドやグラス・アニマルズなど、他アーティストの映像も多数アップされています。米国最大級のフェスをぜひご覧あれ。

クリストファー・ノーラン監督作品の「音」のデザイン集

image: YouTube
source: YouTube

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by