これが「iPhone 8」の試作モデル? iPhone 4のような光沢ガラスボディ

これが「iPhone 8」の試作モデル? iPhone 4のような光沢ガラスボディ

高級感は出るのかな?

これまでにも次期iPhone(通称:iPhone 8)のデザインが変わることは何度もされてきましたが、とうとうそのモックアップとされる筐体がインターネット上に流出しています。

上の画像はTwitterアカウントのBenjamin Geskinが公開した、2017年にリリース予定の「iPhone 8」とされる画像。画像を見るかぎり、ステンレスらしき光沢感のあるフレームや、ガラスのような背面パネル、縦二連のデュアルカメラなどが確認でき、これまでのiPhoneとはガラッと印象が変わりますね。電源やボリュームなどのボタン類には変更はなさそうです(関連記事:iPhone 8がデザインテスト段階へ。やはりステンレス&ガラスデザインが有力候補?)。

また興味深いことに、指紋認証機能「Touch ID」(ホームボタン)が表面にも裏面にも見つかりません。これは、ディスプレイにTouch IDが統合されているということなのでしょうか? 先日流出した図面では、本体の背面にTouch IDらしきものが確認されましたが、現時点でどちらが本物のiPhone 8なのかは不明です(関連記事:これが「iPhone 8」の図面? Touch IDが背面に…)。

ただし今回流出したのは、開発途中のCNCモデル(モックアップ)として製作されたものと言われており、これとは別に背面にTouch IDを設けたモデルでもテストしている可能性が十分に考えられます。

またこちらは、同じBenjamin Geskin氏が公開したiPhone 8の設計図。見どころはフロントデュアルカメラやマイク、スピーカーらしきパーツがディスプレイ(フロントパネル)下に配置されていることでしょうか。iPhone 8ではフロント全面をおおうベゼルレスディスプレイになると噂されており、設計図のとおりカメラなどがディスプレイに塞がるかたちになります。このような設計で、うまくカメラやスピーカーが動作するのかちょっと不安ですが、興味もわきますね。

iPhone 8はこのほかにも、5.8インチの有機ELディスプレイ、3GBのRAM、3Dセンサー搭載のフロントカメラ、無線充電など、これまでのiPhoneシリーズから大きく機能強化が行なわれると噂されています。iPhoneファンにとっては嬉しい限りですが、ちゃんと予定通りの日程で発売できるのかなぁ…。

「iPhone 8」は9月に予約スタートも、出荷は数週間後に?

image: Benjamin Geskin / Twitter 1, 2
source: Benjamin Geskin / Twitter 1, 2

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by