ワイヤレスで動作するペダルが付いたルーパーアプリ「Looperverse」がぼっちライブをスマートに変える

ワイヤレスで動作するペダルが付いたルーパーアプリ「Looperverse」がぼっちライブをスマートに変える

ケーブル無き世界へ。

ぼっちプレイヤーの心強いお供、ルーパー。一人セッションもソロの練習もバッチコイなイカしたエフェクターですが、サンフランシスコのソフトウェア開発メーカーRetronymsは、一歩先ゆくルーパーアプリ「Looperverse」、アプリ専用ペダル「Looperverse Pedal」を発表しました。

こちらはRetronymsによるデモ動画。

「Looperverse」はiOSのための高機能ルーパーアプリで、録音したデータをマルチタッチで強力にエディットすることができます。ミュート、ソロ、パンニング、ミキシングに加え、波形編集によるピッチシフトやタイムストレッチ、リバースなど、わりと本格的な調整も可能。もちろんディレイやリバーブといったエフェクトも抜かりありません。

また、専用ペダル「Looperverse Pedal」を使えばさらにスマートなプレイングが実現できます。ペダルにはアンドゥ、リドゥ、クリア、タップテンポ、録音、再生&停止の6つの機能がはじめからアサインされており、これらはiOS側からカスタマイズ可能。アプリとはBluetoothで連携し、ケーブルレスなルーパーライブという新境地を味わわせてくれることでしょう。

170331ktlooperverse02.jpg

嬉しいことに「Looperverse Pedal」はMIDIもサポートしているので、スタンドアローンのペダルとしても機能します。既存エフェクターのMIDIスイッチャーとして使ってもよし、ワイヤレス機能を使って他アプリと絡めてもよしの懐の広さですね。

「Looperverse」はRetronymsと、MAX/MSPを開発・保守している企業Cycling '74との長年のコラボによって開発されました。ペダルは公式サイトから、アプリはAppStoreから購入できます。多重録音のある生活、はじまります。

手軽さが嬉しいね! 簡単にコードをマスターできるスマートウクレレ「Populele」

image: © Retronyms Inc via YouTube
source: Retronyms, YouTube, AppStore

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by