読者に聞いた「なぜあなたはMicrosoft Wordを使い続けるのか」

読者に聞いた「なぜあなたはMicrosoft Wordを使い続けるのか」

みなさんはMicrosoftのWord(ワード)をどれくらい使い続けていますか?

初めて使ったのは学生時代という人や、社会人になってからという人など、きっかけは世代によって異なるとしても、ワードを使い続ける理由は何でしょう? 「慣習で」「好きだから」「(互換性という意味でも)みんな使ってるから」「ほかに良いものがない/知らない」…という意見が多数かもしれません。

それでもGoogle Docsなどのクラウドツールや、LibreOfficeなどのオープンソースもずいぶん身近になってきていますよね。こうした代わりのツールと比べてもやっぱりワードを使い続けるのには、人それぞれのストーリーがあります。米Gizmodo記者のAdam Clark Estesさんが、読者にワードを使い続ける理由を問いかけてみたところ、弁護士からシステム管理者までさまざまな立場の人の意見が集まりました。

まずはNick Footeさんの意見。セキュリティや使いやすさをポイントにGoogle Docsと比べて評価しています。

基本的に、使いづらくて安全性が確保されていない職場のソフトウェアなんて、みんな嫌だよね。おそらくワードは、僕が出会ったなかで最も「嫌じゃない」もののひとつだと思う。Google Docsは、それっぽいリンクを含むフィッシュングメールとかは、ウイルスに感染したファイルを受け取る危険もある。それに、会社のファイルサーバを離れると、作業中のドキュメントすべてをGoogle Docsにアップロードできるわけじゃなくなるし。クラウド編集は、万人のワークフローには合うわけじゃないんだ。

弁護士のAnthonyさんも同じくセキュリティを考慮しているほか、次のように述べています。

Google Docsよりもワードのほうが、ドキュメントの見栄えが良い。ああ、それから僕はクライアントの書類をクラウドにはあげたくないね。

弁護士TheEvilAttorneyさんはさらに詳しく、ワードには複雑な機能があることを評価しています。

Adam、わかるよ。仕事の文書を打ち込むための箱がほしいだけなんだよね。人によってはもっと高機能なワープロが必要だという人もいる。法律事務所のような環境で働く人は特にね。Google Docsはシンプルすぎるんだ。その点、ワードは良いよ。段落、行番号、列/改ページ/目次、脚注、スタイルはカスタマイズ化できるし、変更履歴機能、基本的な画像編集、Surface Proのように筆圧ペンを使った画像挿入などの複雑な機能もあれば、SharePointのドキュメントIDを使用すると文書を共有することだって可能だ。

一方でGoLikeHellMachineさんは、ワードの基本的な機能を評価しています。

スペルチェック、校正、フォーマット化についてワードは他の類似ソフトよりもうまくやってくれると思ってる。

システム管理者として働くThe Tin Foil Ninja Strikes Again!さんの意見は次の通り。

ITアーキテクト/システム管理者として:Microsoftの他製品すべてとよく動く。とりわけ、みんな使い方を知っているから研修を行なう必要もほとんどない。

IT部門のSCCM(Microsoft System Center Configuration Manager) やImage Packagingはインストールの複製、デプロイが簡単で、SharePointとWeb Services Integration、Outlook Integrationもあるし、バージョンによる相違を解決するAPIも利用可能だ。インストールを許可するためのライセンスサーバーを運営しているなかで、ライセンス管理も比較的簡単で、すべてのデータは社内に保管されるのもありがたい。

最後にKinjaNinjaさんの意見は、好もうと好まざろうと関係なく、ワードを使わない余地がないという究極の回答。そしてこれこそが多くの人が頷けるものかもしれません。

職場でワープロソフトとして認められているのが、ワードだけなんだよね。

シンプルな文書保存から凝ったドキュメント作成まで、ワードの機能で十分に満足することもあれば、思い通りにいかないことだってあります。システムだもの…なんて話はさておき。

あとひとつ気になるのが、5年後、10年後に同じ問いを投げかけてみると、どのような意見があがるってくるのか?ということ。「会社都合でワードしか使えない」という声はいつまで続くのでしょうか。

Wordの代わりになる無料ソフト5選

Adam Clark Estes - Gizmodo US [原文
(Rina Fukazu)

あわせて読みたい

powered by