連写速すぎAFポイント多すぎ!ソニー「α9」というEマウントの決定打(国内正式発表追記あり)

連写速すぎAFポイント多すぎ!ソニー「α9」というEマウントの決定打(国内正式発表追記あり)

予想価格は4,500ドル(約50万円)です。参考までにニコン「D5」は発表時6,499ドル(日本では75万円前後)、キヤノン「EOS-1D X Mark II」は5,999ドル(日本では73万円前後)でした。

ソニーがEマウントデジカメの最上位機種「α9」を発表しました。α7、α7 IIシリーズは広角風景写真、ストリートスナップ、そしてポートレートに向いたカメラでしたが、「α9」はスポーツや飛びモノにフォーカスをバシッと合わせるプロ仕様のカメラになっていますよ。

連写速すぎAFポイント多すぎ!ソニー「α9」というEマウントの決定打2

トピックスだけでもスゴさがわかります。見やすいように箇条書きでいってみますね。

・2420万画素フルサイズ積層CMOSセンサー「Exmor RS」(世界初)

・設定感度ISO100〜51,200(拡張ISO50〜204,800相当)

・連続撮影速度20コマ/秒(ブラックアウトフリー)

・241コマ(RAW)、362コマ(JPEG)連続撮影(UHS-IIカード使用時)

・オートフォーカス測距点693点

・Wi-Fi、NFC、Bluetooth、有線LAN

画素数は他のフルサイズ機と比べるとスタンダード。しかし読み込み速度を大幅に向上させました。ミラーレスとはいえフルサイズで連続撮影速度20コマ/秒というのはスゴい。またAFポイントの数も多い。693点って何事ですか。しかも秒間60回もスキャンして画面全体の93%をカバーするという。絶対にどこかにフォーカス合わせてやるという意気込みを感じます。

連写速すぎAFポイント多すぎ!ソニー「α9」というEマウントの決定打3

お、AFポイント動かせるマルチセレクター(ジョイスティック)あるじゃないのさ。

ハウジングデザインはα7 II系を踏襲。フレームもマグネシウム合金です。上部左側に連写速度、AFモードを切り替えるダイヤルを装備。プロの現場で求められる設定項目をフィジカルなスイッチで切り替えられるUIにまとまっています。

もちろん5軸手ぶれ補正も搭載です。バッテリーも刷新、大容量になりました。印象としてはRの高画素、Sの高感度性能はさておいて、α7 II(無印)を正当に進化させた感じ。ということは...可能性あるでしょうね。RとSのα9も。

連写速すぎAFポイント多すぎ!ソニー「α9」というEマウントの決定打4

そして、同時に「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」(SEL100400GM)も発表されました。冒頭でα7、α7 IIシリーズは風景やポートレートが得意と記しましたが、その最大の理由は高品位な望遠レンズがなかったから。本気です。ソニー本気です。Aマウントの70-400mm F4.5-5.6 G SSM IIとマウントアダプターだとAFもしくは連写性能が引き出せないというデメリットがあったので、αシリーズでスポーツ撮影をするにはEマウントの超望遠レンズが必須だったんです。

現在、長玉を多用するプロカメラマンの手を見ると、一眼レフのキヤノンかニコンを握っている人が大半です。ソニーの「α9」と「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」をはじめとしたレンズ群に乗り換える人はでてくるのか。店頭でメンテナンスしてくれるソニーストアも増えてきましたし、これは...可能性あるかも。

追記(4月21日12時7分):「α9」、「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」共に、日本国内でも発表されました。

「α9」の発売日は5月26日(予約販売は4月27日10時より)。オープン価格で予想小売り価格は50万円。「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」の発売は2017年7月予定。メーカー希望小売価格は32万円。

image: SONY UK 1, 2
source: SONY UK 1, 2, ソニー

(武者良太)

あわせて読みたい

powered by