80~90年代SFのごった煮?な映画『ジ・オシリス・チャイルド』予告編

80~90年代SFのごった煮?な映画『ジ・オシリス・チャイルド』予告編

盛りだくさん。

オーストラリアから、低予算なのに低予算に見えないSF映画『ジ・オシリス・チャイルド:サイエンス・フィクション・ヴォリューム・ワン』の予告編が公開されました。

さっそくご覧ください。

動画はZero Mediaより。

あらすじ:惑星を植民地にする企業、Ex-Oに務めるケイン(演:ダニエル・マクファーソン)。ある日、彼は企業が惑星の人口を調整すべく、凶暴な生物を作って解き放つ裏プロジェクトを計画していることを知るーー

シェーン・アベス監督によると、本作はクエンティン・タランティーノ監督のスタイルに倣ってチャプター形式をとっているだけでなく、時間軸もバラバラ。いくつかのチャプターは始めは不必要に見えても、終わりになると「なるほど、こういうことか」と納得できるようになっているとのことです。

タランティーノ構成に『マッド・マックス』チックな惑星、『スター・ウォーズ』や『第9地区』の宇宙船とテクノロジー。なるほど、80〜90年代の低予算映画ごちゃませにした感じですね。古き良き時代のSFを楽しみたい人にピッタリ!

映画『ジ・オシリス・チャイルド:サイエンス・フィクション・ヴォリューム・ワン(原題:THE OSIRIS CHILD: SCIENCE FICTION VOLUME ONE)』は、本国オーストラリアではすでに去年公開済み。その他の国での公開は5月18日とありますが、現時点で日本の公開日は未定です。

助けて!AutoDrawで宇宙人が描けない!

image: © 1996-2016 Madman Entertainment Pty. Ltd. All rights reserved. via YouTube
source: YouTube, THE OSIRIS CHILD: SCIENCE FICTION VOLUME ONE
reference: io9

中川真知子

あわせて読みたい

powered by