減色するとなんかいい。Web減色サービスで256色、16色、2色の良さを噛みしめる

減色するとなんかいい。Web減色サービスで256色、16色、2色の良さを噛みしめる

ふと、グラフィックの進化の歴史を見直してみたくなったのです。

だって、あの大作アドベンチャーがこのご時世にPS4、PS Vita向けにリメイクされるなんて思ってもいなかったんですもの。

そして、その初回特典として、当時そのままのオリジナルNEC PC-9800版がDLCで手に入ったなんて、もう涙なくしては語れません。

というわけで、妙に当時の「色感」が懐かしくなってしまったため、Webで利用できる減色ツール「画像の減色」を使って、フルカラーのイラストを256色、16色、そして2色へと減色してみました。

果たして、あの時代の色感は再現できるのでしょうか。

170426prik01.jpg

減色テストに利用したのはイラストACのフリー素材イラストです。ありがたく減色させていただきます。

170426prik02a.jpg170426prik02.jpg

256色。

Windowsベースでゲームが作られ、媒体がフロッピーディスクからCD-ROMへと変化したあたりのゲームがこの発色数でした。同時発色数256色と聞くと、少なすぎ!とも思えますが、意外と検討しているんですよね。

写真ではどう考えても発色数たりませんが、イラストであれば、そこそこ見られる色数です。

170426prik03a.jpg170426prik03.jpg

16色。

髪の毛やリボン、洋服に関しては問題ありませんね。16色の絶妙な当時の色感が再現できています。一方で、顔のハイライトやシャドウ部のグラデーションの表現がイマイチ。

やはりWebツールの画像解析での減色では、ドッターがパレットから厳選してカラーを選び、芸術のように組み上げた当時の16色イラストにはかないませんね。

しかし、近年ではGoogle Researchが発表した「RAISR(Rapid and Accurate Image Super-Resolution)」のように、ディープラーニングの成果によって、低解像度の画像をリアルタイムに高解像度化するといった技術も登場しています。

170426prik06.jpg

ひょっとしたら、こういったテクノロジーを応用すれば、まるで職人のような16色減色ドッターAIなんてのも作れるのかもしれません。まぁ、2017年の世の中にその需要はないと思いますけど。

170426prik04a.jpg170426prik04.jpg

2色

白黒になるかと思いきや、設定しだいではベースの色を加味した2色変換が行われるようで、コミック誌風になりました。イラストの風合いを残しつつ、上手に2色変換されていて、これもなかなか味があってステキですね。

さて、聡明な諸兄はもうお気づきかと思われますが、そうです。この記事はプリキュアなのです

170426prik05.jpg

こんげつのかべがみカレンダー」を2色変換すると妙にゲームボーイ感が出る

を言いたかったのです。キュアカスタードのベースカラー黄色が多用されていることから、黄色・濃い黄色の2色が割り振られたことからでしょう。これで画面端に縦線が入っていれば完璧でしたね。

みなさんもぜひ、作ってア・ラ・モー……じゃなかった。知性と勇気をレッツ・ラ・まぜまぜ!
もっと読む
フルHDから4Kへ! Webのちからでプリキュアの壁紙を超高解像度化する

image: イラストAC(小野 りひと), Google, キュアコグレ, ©ABC-A・東映アニメーション via キラキラ☆プリキュアアラモード
source: 画像の減色, この世の果てで恋を唄う少女YU-NO, YouTube, キラキラ☆プリキュアアラモード

(キュアコグレ)

あわせて読みたい

powered by