成功の秘訣は仕事の丁寧さ。自分より大きいヘビを腹にたたんで入れちゃうヘビ

成功の秘訣は仕事の丁寧さ。自分より大きいヘビを腹にたたんで入れちゃうヘビ

ヘビの「王様」、恐るべし。

ギズではこれまでにも多数のヘビ自分より大きな動物丸飲みする事件を取り上げてきました(こちらも)。レイヨウや人間を飲み込んだヘビは珍しいというか愚かしいというか、けっきょく自分の許容量を超えてしまったために破滅の道をたどりました。その点、今回のキングヘビは違うようです。自分より大きいヘビでもちゃんと丸飲みできるように進化しているらしいんです。上の写真のコモンキングヘビ(Lampropeltis getula)は自分の体長より1.2倍も大きいセイブネズミヘビ (Pantherophis obsoletus) を飲み込んでいます。

Journal of Experimental Biologyにて、キングヘビの生態に迫る研究を発表したミズーリ・サザン州立大学のデイヴィッド・ペニング助教授は、数時間にもおよぶヘビ対ヘビ死闘をいくつも、いくつも観察し(ひょえ~)キングヘビが自分より大きいヘビにも絶対負けないことを目の当たりにしました。もともとキングヘビに関する既存の研究を読んだペニング助教授は、「ヘビをホースに例えるとして、どうやって細いホースに太いホースをつっこむんだろう?」とふしぎに思い、自身の研究を始めたそうです。

そこで、ペニング助教授はキングヘビとネズミヘビをハムのようにカットし(ひょえぇ~~)、その断面図を調べてみました。すると、キングヘビのお腹は伸縮性バツグンで、ネズミヘビのように自分より大きいヘビでもアコーディオンのようにキレイにたたんでお腹に収められることがわかったそうです。

0413_snake_salami.jpg

キングヘビ(左)とネズミヘビ(右)の断面図
(image: David Penning / Missouri Southern State University)

ペニング助教授にはもうひとつ疑問がありました。キングヘビは獲物を絞め殺して食べるそうなんですが、同じ戦闘スタイルを持ったヘビ同士の戦いにどう勝利するのでしょうか? キングヘビも相手のヘビもお互いを絞めつけ合って戦うわけですから、体が大きいヘビが有利なはずなのに、なぜ小さいキングヘビが勝てるのでしょう?

さきほどの断面図を見たかぎりでは筋肉のつき方や量に大差はなかったそう。そこで182匹のキングヘビとネズミヘビに死んだネズミを与えてどうやって食べるかを観察したところ、こんな違いがみられたそうです。

0413_ratsnake_constricting.jpg

キイロネズミヘビ (Pantherophis alleghaniensis) の絞め方
(image: David Penning, Missouri Southern State University)

0413_adasssnake_constricting.jpg

コモンキングヘビ (Lampropeltis getula) の絞め方
(image: David Penning / Missouri Southern State University)

ご覧ください、このキングヘビの美しいらせん状。ペニング助教授いわく、「キングヘビはこの優雅でシンプルなパラレルボディーループを使って、ほかのヘビより強い圧力をかけられる」のだそうです。対するネズミヘビは、ランダムな絞め方なので、筋力の差がないのにもかかわらず圧力に劣り、命を落としてしまうそうです…。仕事が丁寧なヤツが生き残るってことなんでしょうか。

キングヘビのこの必殺ワザは、種の繁栄にも有利に働くと推測されています。たとえば、ネズミヘビがネズミを見つけて食べたとして、後からキングヘビが現れてすでに食べるネズミがいなかったとしても、心配ご無用。ネズミヘビを食べちゃえばいいんです。

170413_badasssnake_swallowing.jpg

セイブネズミヘビ (Pantherophis obsoletus)を食べるカリフォルニアキングヘビ (Lampropeltis californiae)
(image: David Penning / Missouri Southern State University)

もちろん、自然界においてはキングヘビがほかのヘビに食べられることもあるでしょうし、絞め方の違いが直接キングヘビの生存を有利にしているかどうかは研究の余地があります。でも、哀れなネズミヘビを見ていると、身につまされる思いです。もっと丁寧な仕事を心がけなければ……。

【相手が悪かった…】ヘビ、ヤマアラシを食べようとしてトゲトゲの返り討ちに…!

image: David Penning / Missouri Southern State University
source: Journal of Experimental Biology
reference: ScienceDirect, Wikipedia 1, 2

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(山田ちとら)

あわせて読みたい

powered by