まるでインターネットへのドア。IoT鍵を回すと「何か」が起こる

まるでインターネットへのドア。IoT鍵を回すと「何か」が起こる

ネットの世界へ干渉するドアを設けたら?

その過程を実現するアプローチのひとつが、きっとこの「Hackey(ハッキー)」です。Wi-Fiでインターネットに接続された手のひらサイズのキースイッチなのですが、これをひねるとなんと、「おはよう! 出勤しました。」とSNSに投稿できます。また、部屋のスマート照明のON/OFFも切り替えられますし、ECサイトで特定の商品をポチれます。そしてタクシーを自宅に呼ぶことも可能なんです。

そう、これはあなたが自由にカスタマイズできるインターネットへの干渉口。

「IFTTT」「Zapir」「myThings」といったサービスを利用し、鍵をひねった時の動作を設定することで、上記のようなアクションを行えるという仕組みです。APIも公開されており、対応したサービスやハードウェアを自由に開発できるとのこと。活用コンセプトが公式ページでいくつか公開されています。

表示価格は執筆現在のもののため、変更の可能性があります。詳しくは販売ページでご確認ください。

今後の時代を考えると、スマートホームとの連携などは確かに便利そうです。スマホやスマートウォッチと連携して情報をやり取りするような構造が作れれば、かなり実用的な活躍が期待できるかも? もちろん、実用性なんてぶん投げて、回すと「疲れたもう寝る」って投稿するだけの装置としても利用できます。

インターネットの世界へとつながる鍵と鍵穴。何を起こすか?どう活用するか?はあなた次第です。

image: Amazon
source: Amazon, CEREVO

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by