Ankerのモバイルバッテリーや、Lightningケーブルに偽者登場。国内でも注意喚起

Ankerのモバイルバッテリーや、Lightningケーブルに偽者登場。国内でも注意喚起

あの大人気ブランドにもとうとう。

製品のクオリティと適正価格で、あっという間に人気周辺機器ブランドとなったAnker。そのAnkerのモバイルバッテリー「Anker PowerCore 20100」や「Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m」に偽造品が登場しているとして、メーカーが国内向けに注意を呼びかけています

Anker PowerCore 20100の見分け方

Anker 偽造品 1

Anker 偽造品 2

まずAnker PowerCore 20100の偽造品では、上の画像のようにmicroUSB端子の向きが逆だったり、端子が緑色だったりします。また「IQ」「Input」のフォントが大きく印刷されています。

Anker 偽造品 3

Anker 偽造品 4

その他にも偽造品には底面に謎の「△」マークがあったり、底面の縁の素材が異なります。また、付属の「トラベルポーチ」のサイズもきちんとバッテリー本体にあっていません。

Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9mの見分け方

Anker 偽造品 5

さらにライトニングケーブルでも、コネクタの首の部分のデザインが偽造品は安っぽいですね。また偽造品はケーブルが少し太く、ケーブルの根元に細かい印字がありません。

モバイルバッテリー・ケーブル共に、すべての見分けるポイントはこちらのプレスリリースをご参照ください。

これらの偽造品はAmazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングの一部店舗で発見されました。偽造品はAnkerの商標を不正に表示しているだけでなく、万が一の故障や不具合(デバイス側も)があっても一切メーカーから保証されません。

Anker製品のオンライン直販を行なっているのは、AnkerDirect(Amazon店)、アンカー・ダイレクト楽天市場店(楽天市場店)、AnkerDirect(Yahoo!ショッピング店)になります。今から購入する方は、一息置いて販売元を確認してみましょうね!

フィットネスにも効果あり。強靱すぎるAnkerのLightningケーブル「PowerLine II Dura」

image: アンカー・ジャパン株式会社 - PR Times, Anker
source: アンカー・ジャパン株式会社 - PR Times

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by