中世の人たちは死体がゾンビとして蘇らないように切り刻んでいた!?

中世の人たちは死体がゾンビとして蘇らないように切り刻んでいた!?

肋骨の表面につけられた刃の跡

いつの時代も人は『ウォーキング・デッド』を恐れている。

イギリスの墓地で切り刻まれ焼かれた骨が発見されたことから、中世の村人たちは死体が墓から生き返り病気を広げたり、人間に襲い掛かるのではないかと恐れていた説が浮上しています。

考古学科学ジャーナルJournal of Archaeological Scienceに発表された研究には、中世のイングランド人が「ゾンビ・アポカリプス」をどうにか防ごうとしていたという証拠が掲載されています。11世紀から13世紀の100以上におよぶ遺骨を調査した結果、首を切り落とされたり、手足を切断されたり、焼かれた形跡が見つかったそうです。これらは死後に切り刻まれたもので、考古学者たちは、この行為には人肉嗜食や部外者の侵入を恐れてなど、他の理由があるかもしれないと模索したそうですが、やっぱりゾンビ説が一番濃厚だったとのこと。

中世の人たちがゾンビが出てくるのを恐れていたというのは、いきなり出てきた説というわけではないようです。中世の書物にはゾンビになりうる死体を掘り出して首を切り落とし、バラバラにして焼けと「蘇えりし者」の処理方法が記されているのです。中世の人たちは生きている間に悪事をした人や強い憎悪を持っていた人は死後も死体にそれが宿ると考えていたそうです。

中世の人たちは死体がゾンビとして蘇らないように切り刻んでいた!?
現在では廃村となったワラン・パーシーの予想図

ヒストリック・イングランドとサウサンプトン大学が共同で行なったリサーチによると、イギリスのワラン・パーシーという中世の廃村の墓地にある137の遺骨を分析した結果、2歳から50歳までの間に死亡した男女10人のものであったとのこと。その骨には折られて焼かれた形跡やナイフで切った跡などが上半身に見られました。そしてこの切り刻んだり焼かれたりといった跡は一回ではなく、何度も時期をまたいで行なわれていることがわかりました。

もしかすると、村の部外者がやってきて切り刻んだなどとも考えられていますが、共同著者でサウサンプトン大学の考古学者のAlistair Pikeさんによれば残っている物証とその説は合わないそうです。

中世の人たちは死体がゾンビとして蘇らないように切り刻んでいた!?
焼かれた跡が残っている頭蓋骨の断片

「子どものときに形成される歯に含まれるストロンチウム同位体は、その人が居住していた地質を示します。今回見つかった歯のストロンチウム同位体とワラン・パーシーエリアの地質はマッチしていて、埋められていた人たちはこの辺りで生まれ育ったということです。これは私たちにとって驚きの結果でした。最初バラバラになった骨を見たとき、ここで埋められたのではなく、遠くから移動して来た結果こうなったのかと考えていたからです」とPike氏は説明しています。「それを考慮すると、やはり墓から出てこないように、バラバラにして焼かれたと考えると物証にぴったり合うと考えています」

もう一つの可能性としてあがったのが、村で飢饉が起こった際に食人行為があったとの見方。しかし、これも物証に合いません。特にナイフの跡を見てみると、頭や首の周りにあります。もし食人がされたとしたらもっと大きな筋肉周りや脚の関節などを切っているはずです。

「ワラン・パーシーで見つかった遺骨が切り刻まれて焼かれていたのは、死者が生き返らないようにするためという説が一番物証とぴったり合います。もし私たちが正しければ、これは死者が生き返らないようにするための儀式の最初の考古学的物証になります。中世の時代の人たちがどのような世界観を持っていたのか、そして現在の私たちの世界観との違いなどを示すものです」と共同著者のSimon Maysさんは語っています。

これは最初の考古学的物証になるかもしれませんが、まだまだ確証は得られないところですよね。もしかしたら、この人たちは犯罪者だったので、死体をバラバラにして埋葬されたのかもしれませんし、この村の伝統的な埋葬方法だったのかもしれません。ただひとつ言えることは、中世にもゾンビの概念があったのかも?と考える現世の私たちは相当ゾンビ好き...もしくはゾンビを恐れているということですね。

マウスの脳のキラー・ニューロンを特定。スイッチオンで無心に獲物を噛み殺すゾンビに…

all images by Historic England
source: Journal of Archaeological Science

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

powered by