Dellから世界初の31.5インチ/8Kモニタ「UP3218K」日本上陸へ!
image: Dell

Dellから世界初の31.5インチ/8Kモニタ「UP3218K」日本上陸へ!

綺麗すぎて目がびっくりしそう。

Dell(デル)は24日、世界初の31.5インチ/8Kモニタ「UP3218K」2017年夏頃に国内販売すると発表しました。今流行の4Kじゃありません、8Kですよ8K!

デルから世界初の31.5インチ/8Kモニタ「UP3218K」日本上陸へ!2
image: Dell

というわけで、スマホのフルHD解像度の16倍、4Kテレビの4倍となる8K解像度(7,680 x 4,320ドット)を達成した本ディスプレイ。デジカメの高画素画像だって、等倍表示でグリグリ編集できてしまいます。表示色は10億7000万色、カラー領域はAdobe RGB 100%、sRGB 100%、REC709 100%、DCI-P3 98%、Rec2020 80%超に対応。パネルはIPS方式で、応答速度は6ミリ秒となっています。

本体にはアルミパーツ、ほぼベゼルレスな「InfinityEdge」を採用。またチルト、ピポッド、スイベル高さの自在な調整が可能です。この高さの調整機能の有り無しで使い勝手が圧倒的に変わってくるので、侮れません。

なおUP3218Kの国内販売価格は発表されていませんが、参考までに海外価格は5,000ドル(約56万円)。なかなかビッグな買い物になりそうですが、8K解像度を必要とする人なら喉から手が出るほど欲しい商品でしょう。8Kディスプレイって、ドットが肉眼で見えるのかな?

2015年の8K記事:1600万円の超ド級8Kモニター、いよいよシャープから登場します

image: Dell
source: Dell

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by