Microsoft Cortanaに対応した初のスマートスピーカー「Invoke」がやってきた!

Microsoft Cortanaに対応した初のスマートスピーカー「Invoke」がやってきた!

おお、これは使ってみたいぞ!

Amazon(アマゾン)の「Amazon Echo」がヒットして以来、各社が開発に力を入れるスマートスピーカー。そんな中、オーディオブランドのHarman Kardon(ハーマン・カードン)からMicrosoft(マイクロソフト)のボイスアシスタント「Cortana」に対応した初のスマートスピーカー「Invoke」が発表されましたよ!

Amazon Echoだけでなく、Google(グーグル)の「Google Home」も登場しているスマートスピーカー市場。そして今回登場したInvokeも天気を教えてくれたり、音声でさまざまなコマンドを利用できるのは一緒です。さらにオーディオ製品として定評のあるHarman Kardon製品ということで、音質の良さも期待できますね。

Harman Kardon Invoke 1

Invokeは3つのウーファーと3つのツイーターを内蔵。さらに7つのマイクを搭載するなど、かなりサウンド面でのクオリティにこだわっています。またMicrosoftの「Skype」が統合されている点も強みでしょう。本製品はSkypeで通話を開始できるだけでなく、Skypeのスピーカーフォンとしても利用可能なんです。この点は、さすがMicrosoftのCortanaだなと感じますね。

Harman Kardon Invoke 2

発売は今年の秋を予定しているとのこと。カラーはブラックとホワイトの2色です。

スマートスピーカーが収集した情報の取り扱いについては若干気になる点もあります…が、現在Amazonはタッチスクリーンつきの「Amazon Echo」を準備しており、Apple(アップル)も6月開催のWWDCにてSiriを搭載したスマートスピーカーを発表すると噂されています。声で操るスマートスピーカーが、今後私達の生活をどれだけ便利に変えることになるのでしょうか?

「Amazon Echo」新モデルはまさかのタッチスクリーン付き? 公式っぽい画像がリーク
Google Homeレビュー:Amazon Echoより賢い。その分イラッともするけど

image: Harman Kardon
source: Harman Kardon
reference: MacRumors

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by