タトゥーも時代はIoT。音楽や声を波形にして彫っちゃう「Soundwave Tattoos」(しかも再生可能!)

    タトゥーも時代はIoT。音楽や声を波形にして彫っちゃう「Soundwave Tattoos」(しかも再生可能!)

    日本ではあまり馴染みのないタトゥー文化ですが、ここにもIoTの波が。

    なんとこの「Soundwave Tattoos」、スマートフォンをタトゥーにかざすことで音声が流れるというのです。まずは、こちらをご覧あれ。

    この動画は開発者のNate Siggard自身のものです。

    彼は、ガールフレンドと子供の声を音波の形に変換して彫っています。これをアプリで読みとることによって、スマートフォンから音声が再生される仕組みになっているのです。

    気になるのは、Siggardがどうしてこんなアイディアを考えついたのか。Konbiniによると、エルトン・ジョンの『タイニー・ダンサー』の歌詞を彫った友人を見たSiggardのガールフレンドが「実際に聴けたらいいのに」とつぶやいたことがきっかけなんだとか。

    こちらも、Nate Siggardによる映像。登場した彼女の場合、愛犬の鳴き声をタトゥーにして残しています。チワワの毛並みに合わせて音波をデザインしていて、ちょっとおしゃれ。

    タトゥーはいちど彫ったらそうは簡単に消せませんが、だからこそ大切な思い出の音をずっと身につけるなんて素敵ですよね。

    実際にビートを作れる!TR-808風スニーカーのコンセプトデザイン

    top image: Skin Motion / Youtube
    source: Skin Motion, Youtube(12), Nate Siggard, Konbini

    (豊田圭美)

    あわせて読みたい

    powered by