4Kモニターで体験するジェットダイスケ写真展『空蝉』。高精細なセミを捉える救世主となったのはiPhoneでした

    4Kモニターで体験するジェットダイスケ写真展『空蝉』。高精細なセミを捉える救世主となったのはiPhoneでした
    image: 山本勇磨

    「これは体験なんです」

    ガジェット好きの皆さまならご存知の方も多いでしょう、こちらはビデオブロガー/レビュアーのジェットダイスケさん。今ではよく見かけるようになった「レビュー系YouTuber」の第一人者であり、2016年4月にはチャンネルを開設して10年を迎えたと発表しました。

    そんなジェットさんは2014年末に、写真家宣言動画を公開。それから約2年。ビデオブロガーではなく写真家ジェットダイスケとしての初の写真展が銀座でスタートしました。

    ジェットダイスケ 写真展 1
    image: 山本勇磨

    写真展のタイトルは『空蝉』(うつせみ)。名前にもあるように「セミ」の写真の展示ですが、セミはセミでも羽化する瞬間・羽化した直後のセミ。この写真展を見るまで私も知らなかったのですが、羽化したセミってスゴく美しいんです。

    ジェットダイスケ 写真展 2
    image: 山本勇磨

    エメラルドにサラッと輝く金色。透き通った羽。しっかり見ると美しいですよね。

    そして注目なのはその展示方法。この写真の周りの黒い縁、実は額縁じゃなくてモニターの縁なんです。写真が表示されているのは、EIZO(エイゾー)の4Kモニター「ColorEdge CG318-4K」。ずばり1台50万円です。

    ジェットダイスケ 写真展 3
    image: 山本勇磨
    それぞれに数十枚の画像がスライドショーで流れます

    それが今回、5台体制で展示です。この高品質&高精細モニターに展示するになると、カメラも高画質のものが必要になるわけで、今回の写真はすべて4240万画素のソニー「α7R2」で撮影されています。

    ジェットダイスケ 写真展 4
    image: 山本勇磨

    だから近づいてみると、こんな細部の毛まではっきりと見ることができるのです。レンズはソニーの「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」でマクロ撮影しているとのこと。ちなみに、「表現力もすごく良くできたレンズなんですけど、レンズに三脚座がないのが不便!」だそうです。

    ジェットダイスケ 写真展 5
    image: 山本勇磨
    ここまでの2枚はモニターを直接撮影した写真。もちろん実際はこれの何倍も高精細で美しい

    ジェットダイスケ 写真展 6
    image: 山本勇磨

    他にも印刷版の写真が6枚展示。これらはモニターで表示されているものの中から選ばれた写真で、印刷サイズはA全判。しかも、加工なしのJPEG撮って出しで印刷しています。

    モニターでも印刷でも感じたのは、本当に細かいところまで写真が描きこまれていて、体を引いて見ると作品の感動、ギリギリまで顔を近づけて見ると発見の感動があるのです。

    ジェットダイスケ 写真展 7
    image: 山本勇磨
    モニターを直接撮影した写真。セミにまつ毛があるなんて知らなかった

    とくにモニターで表示した高精細な写真は、いままでに体験したことのない見え方です。なんとも例えがたいですが、顕微鏡を通してセミを光学的に見たようなイメージ。ピクセルという最小単位を越し、その先にあるものを見てしまいました。

    ジェットダイスケ 写真展 8
    image: 山本勇磨

    ジェットダイスケさん本人も在廊しており、写真を見ながら写真展についてお話しました。

    まず、モニターに出力する展示方法にしたのは、フィルムカメラとデジタルカメラの技術の違いが理由なんだそう。デジタルカメラは、モニターの技術(=ピクセルという概念)から生まれていて、印刷よりもモニターで表示するほうが劣化せずよりストレートに表現できるのです。

    ジェットダイスケ 写真展 9
    image: 山本勇磨
    (左)撮影データを4Kモニターに合わせて縮小したもの(右)4Kモニターでピクセル等倍したもの
    α7R IIの解像度、おそるべし

    また今回展示しているデジタル写真、加工はほとんどしてないんだそう。すべての写真の色味に統一性を持たせるため、少し色温度を触った程度、というから驚き。

    ジェットダイスケ 写真展 10
    image: 山本勇磨

    ジェットさんいわく、この写真展は「写真というより体験」。

    たとえば、この3枚の写真だけ20cm高く展示されています。なぜかというと、前のベンチに座って実際の木を見上げているように写真を体験してほしいという意図があるからです。

    もちろん、今回の目玉である4Kモニターの展示もひとつの体験。家でこんな高精細な写真は体験できないですからね。

    ジェットダイスケ 写真展 11
    image: 山本勇磨

    セミ撮影でブレイクスルーとなったiPhone

    最後に、ジェットさん直伝のセミ撮影のテクニックを公開。

    ジェットさんいわく、今回の写真は露光のジレンマがあったそう。というのもセミは夜中のうちに羽化するので、感度ノイズとの戦い。少しのノイズでも7Rで撮影&4Kモニターで表示するとより目立つそうで、センサー感度を低くする必要があります。

    そうなると三脚を立てて、長時間露光をするのがセオリー。しかし、羽化中のセミってピクピク動くのです。今回の写真は、1〜4秒のシャッタースピードで撮影したようですが、この秒数以上となるとピクっと動いてブレた写真になるんだそう。

    夜間の撮影なのに、ISO感度を低くして、シャッター時間も短かくしなければならない。そうなると今度は照明の出番。でも羽化中のセミに強い光をあてると、羽化に失敗してしまうのです。

    なんでしょうか、この八方塞がり感。しかし、そこでブレイクスルーになったのがiPhoneのフラッシュ機能なんです。

    ジェットダイスケ 写真展 12
    image: 山本勇磨

    ブツ撮りのライティング方法と同じように、セミの周りをぐるっと動かしてライティングを当てるテクニックを使います。そうすると金色の産毛や、目の輪郭がパッと浮き上がってくるのです。

    ジェットダイスケ 写真展 13
    image: 山本勇磨
    モニターを直接撮影した写真

    そのあと、iPhoneからマンフロットの小型ビデオライト「LUMI」に替えたそうですが、結果、この方法で今回のセミ写真を撮影することができたのです。

    最後に! ジェットさんが撮影したセミの写真の露出値を公開です。

    シャッター速度:1秒〜4秒
    絞り:F8〜F16
    (開放で撮影すると、背景がボケて解像感が失なわれる)
    ISO感度:100

    ***

    ジェットダイスケ 写真展 14
    image: 山本勇磨

    ジェットダイスケ 写真展 15
    image: 山本勇磨

    都会でも撮影できる美しい生き物、セミ。自分で撮影してみようと思った方はぜひこのテクニックも参考にしてみてください。

    そして、まずは『空蝉』でその美しさを体験してみてください。

    『空蝉』写真展情報

    場所:EIZOガレリア銀座
    期間:2017年5月24日(水)〜6月3日(土)
    時間:10:00~18:30
    定休日:日曜日、月曜日

    image: 山本勇磨
    source: UUUM

    (山本勇磨)

    あわせて読みたい

    powered by