映画に登場する宇宙人/異星人の歴史(1902年~)

    映画に登場する宇宙人/異星人の歴史(1902年~)

    こちらは2015年8月2日に公開されたコタク・ジャパンの記事の再掲載です。

    SF映画の主役といえば、宇宙人や異星人。彼らのデザイン、キャラクター、動きや人間との関係は、映画の成功のカギを握るほど重要です。

    そんな映画の宇宙人や異星人の歴史を、1902年の『月世界旅行』からまとめた映像が公開されています。

    こちらはio9に掲載された、Digg制作の動画。登場している映画のタイトルは以下のとおりです。

    (1902年)『月世界旅行』

    (1922年)『飛行船(エクセルシオール号/火星への旅)』

    (1924年)『アエリータ』

    (1940年)『宇宙征服』

    (1951年)『地球が静止する日』

    (1951年)『遊星よりの物体X』

    (1953年)『宇宙戦争』

    (1953年)『凸凹火星探検』

    (1956年)『禁断の惑星』

    (1956年)『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』

    (1956年)『世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す』

    (1957年)『地球へ2千万マイル』

    (1958年)『妖怪巨大女』

    (1959年)『巨大アメーバの惑星』

    (1967年)『火星人地球大襲撃』

    (1968年)『2001年宇宙の旅』

    (1968年)『バーバレラ』

    (1968年)『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』

    (1971年)『アンドロメダ』

    (1972年)『ソラリス』

    (1973年)『ファンタスティック・プラネット』

    (1976年)『地球に落ちてきた男』

    (1977年)『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

    (1977年)『未知との遭遇』

    (1978年)『スーパーマン』

    (1978年)『ボディ・スナッチャー』

    (1979年)『エイリアン』

    (1979年)『スター・トレック』

    (1980年)『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

    (1981年)『ヘヴィメタル』

    (1982年)『ET』

    (1982年)『遊星からの物体X』

    (1982年)『スター・トレックII カーンの逆襲』

    (1983年)『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

    (1984年)『スターマン/愛・宇宙はるかに』

    (1984年)『2010年』

    (1984年)『スター・ファイター』

    (1984年)『デューン/砂の惑星』

    (1985年)『コクーン』

    (1985年)『第5惑星』

    (1986年)『ナビゲイター』

    (1986年)『クリッター』

    (1987年)『アメリカン・パロディ・シアター』

    (1987年)『プレデター』

    (1987年)『スペースボール』

    (1988年)『エイリアン・ネイション』

    (1988年)『ゼイリブ』

    (1988年)『マックイーンの絶対の危機』

    (1989年)『アビス』

    (1990年)『トータル・リコール』

    (1993年)『コーンヘッズ』

    (1194年)『ゴジラvsスペースゴジラ』

    (1994年)『スターゲイト』

    (1995年)『スピーシーズ 種の起源』

    (1996年)『アライバル/侵略者』

    (1996年)『インデペンデンス・デイ』

    (1996年)『スペース・ジャム』

    (1996年)『マーズ・アタック!』

    (1997年)『スターシップ・トゥルーパーズ』

    (1997年)『メン・イン・ブラック』

    (1997年)『フィフス・エレメント』

    (1997年)『コンタクト』

    (1998年)『Xファイル』

    (1998年)『パラサイト』

    (1998年)『ダークシティ』

    (1998年)『ロスト・イン・スペース』

    (1998年)『沈黙の奪還』

    (1999年)『ギャラクシー・クエスト』

    (1999年)『ゴンゾ宇宙に帰る』

    (2000年)『ピッチブラック』

    (2000年)『ミッション・トゥ・マーズ』

    (2001年)『光の旅人 K-PAX』

    (2002年)『サイン』

    (2002年)『メン・イン・ブラック2』

    (2003年)『ドリームキャッチャー』

    (2004年)『リディック』

    (2005年)『宇宙戦争』

    (2005年)『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

    (2005年)『銀河ヒッチハイク・ガイド』

    (2006年)『スリザー』

    (2007年)『ミスト』

    (2007年)『トランスフォーマー』

    (2007年)『スパイダーマン3』

    (2008年)『クローバーフィールド/HAKAISHA』

    (2009年)『アバター』

    (2009年)『スター・トレック』

    (2009年)『第9地区』

    (2009年)『モンスターVSエイリアン』

    (2011年)『SUPER8/スーパーエイト』

    (2011年)『カウボーイ & エイリアン』

    (2011年)『宇宙人ポール』

    (2011年)『世界侵略: ロサンゼルス決戦』

    (2011年)『アタック・ザ・ブロック』

    (2012年)『プロメテウス』

    (2013年)『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

    (2013年)『パシフィック・リム」

    (2014年)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

    (2014年)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

    外見上の変化が興味深いです。最初はコスチュームやプラクティカルエフェクトで、70年代になるとメイクや義肢でよりヒューマノイドっぽいエイリアンが登場するようになっています。そして最近の作品になるとCGが主流です。

    どの時代を見ても、宇宙人/異星人の再現(?)に全力を尽くしていたのがわかります。

    近年のSF作品の傾向から予想する絶望的な未来な姿5選

    image: YouTube
    source: YouTube, io9

    中川真知子

    あわせて読みたい

    powered by