さらなる没入感。目線にあわせてピントが合ったりボヤけたするVR映像
image: Oculus / YouTube

さらなる没入感。目線にあわせてピントが合ったりボヤけたするVR映像

ピントが重要です。

VRヘッドセットOculus Riftで知られる、Oculus(オキュラス)の研究部門Oculus Researchは、VR空間がより人の目で見たものに近くなる技術「Focal Surface Display」の詳細を公開しました。

Oculusが公開した以下の動画で、Focal Surface Displayの技術が紹介されています。

人の目は、焦点が合った部分がくっきりと、そうでない部分はぼんやりと見えます。しかしVRヘッドセットで見る映像では、焦点に合わせてオブジェクトがくっきりとしたり、ぼんやりすることはもちろんありません。

170524_oculus_focal_surface_display_2.jpg
screenshot: Oculus / YouTube
従来の方法

このピント移動をVRで再現するために、従来ではオブジェクトをレイヤーのようなもので区切り、焦点の情報を与えていました。しかしこのやり方では、レイヤーの間では焦点が合わなかったり、膨大な処理能力が必要になるのです。

170524_oculus_focal_surface_display_3.jpg
screenshot: Oculus / YouTube
焦点表面(Focal Surface)を用いた方法

そこでOculus Researchは、「焦点表面(Focal Surface)」という方法を開発しました。この技術をざっくり説明すると、オブジェクトのエッジを解析し、各オブジェクトの位置関係から必要な部分だけレイヤーで区切るというアイデア。焦点が合うべきところは合い、ピントの移動が必要のないオブジェクトはレイヤーをカットすることでデータ量は抑えることができるのです。

またハードウェアのシステムでは、画面と接眼レンズの間に「空間光モジュレーター(SLMs)」を設置。そして上の焦点表面と組み合わせることで、まるで現実世界を見ているような「ボケ」を再現。焦点のあっている場所はくっきりと、そうでない場所はぼんやりと表示することに成功したそうです。

この技術は7月30日からロサンゼルスで開催される、コンピューターグラフィックスのカンファレンス「SIGGRAPH 2017」で披露されます。はたして未来のVRヘッドセットはどのような姿になるのか、ぜひこの目で見てみたいものです。

コンピュータグラフィックスの最先端はこれだ! 今年のSIGGRAPHを先取りチラ見

image: Oculus / YouTube
source: Oculus, Oculus / YouTube

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by