折って、つないでクリエイト。立体折り紙パズルという新ジャンル「TROXES」
image: Kickstarter

折って、つないでクリエイト。立体折り紙パズルという新ジャンル「TROXES」

スネークキューブ系って楽しいよね。

Origami building blocksの二つ名をもつ「TROXES」。単体で見ると紙によって構成された幾何学ブロックの集まりに見えますが、これは紙パーツによって構成・構築された立体パズルなんです。

TROXES – Origami building blocks/Kickstarter

全ての基礎となるのは三角形の手裏剣のような紙。この紙を組み合わせて立体パーツを作っていきます。4枚組み合わせると立体三角形のTetra、8枚でダイヤモンド状のOcta、20枚で球状のIcosaという、3種類のパーツが生みだせるとのこと。で、作った立体パーツ同士をさらに組み合わせて自由なかたちを……という感じです。

パーツ同士がくっつく仕組みは面の凹凸にあります。面さえ接していれば、わりと自由にくっつくようで、例えば大きなIcosaを中心にTetraをピタピタとくっつけてみたり、逆にTetraだけで長い蛇のようなモチーフを作ったりも。レゴのように細かいディテールにこだわるのは難しそうですが、味のある抽象的オブジェを簡単にクリエイトできそうです。

資金調達はすでに完了しており、29ドル(約3,220円)の投資で50ピースのキットをゲットできます。おばあちゃんがよくチラシで作る、トゲトゲっとしたとかボールとか、そういうのに迫ってみたい。

image: Kickstarter
source: Kickstarter

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by