Apple「ARKit」で作ってみた動画がYouTubeにいっぱい!
Image: 8ninths/YouTube

Apple「ARKit」で作ってみた動画がYouTubeにいっぱい!

仕事速い!

先週のApple(アップル)の開発者向けイベントWWDC 2017で、最大の話題のひとつはAR(拡張現実)開発プラットフォーム「ARKit」のローンチでした。

特殊なハードウェアがなくても、iPhoneのカメラだけで周りの空間を把握してリアルリティの高いARを実現するという触れ込みのARKitですが、どれだけ使えるの?ってことで、いろんな開発者やコンテンツクリエイターの人たちがARKitで遊んで、YouTubeに動画をアップしています。

Video: Cody Brown/YouTube

たとえば映像作家のCody Brownさんによる動画は、ゲームエンジンのUnityとARKitを使い、ゲーム『オーバーウォッチ』のキャラクターを実在の空間にARで作り出したもの。

カメラが回り込んでも立体感に不自然さがないし、動画中盤でカメラを大きく上に向けた後同じ部屋に戻ると、ちゃんと同じ場所に立っています。部屋の空間をきっちり認識してるってことですね。

Video: 8ninths/YouTube

一方こちらはAR・VRソフトウェア制作会社の8ninthsによるもの。

現実のガレージのシャッターには何もないのに、動画の中の男性が持ったiPhoneの中ではシャッターが焼き切られて、その向こうに熱帯雨林が広がってます。iPhoneがシャッターの平面を認識してその部分だけきれいにくり抜かれてるし、その向こうにあるバーチャルな空間と現実の空間がきれいにつながってて、不思議な感覚になります。

Video: Mark Dawson/YouTube

ARKitの空間把握能力をもっとストレートに示した動画もアップされてます。プログラマーのMark Dawsonさんは、ARKitで何ができるかをひとつひとつ試しながら、その経過をブログYouTubeで公開しています。

たとえば上の動画を見ると、ARKitが平面を認識していく様子がクリアに描かれてるし、「平面からある程度はみ出すと、ものが落ちる」といったルールがしっかり働いているのも確認できます。DawsonさんはこれらのサンプルコードもGitHubで公開しています。

Video: bookazoid/YouTube

さらにARKitを使ったコンテンツのイメージがもっとつかめるのがbookazoidさんの動画です。

これ、自分の部屋に初音ミクちゃんが来て歌い踊ってくれるってことですよね。ARが先かVRが先か、いやMR(Mixed Reality、複合現実)だみたいな話がありますけど、分類はともかく、こういうのならやっぱりゴーグルなり大画面なりで没入して見たいですね。

Video: MatthewHallberg/YouTube

自分の部屋にはあんまり来てほしくないけど、たしかにこの手のゲームの背景が自宅だったらリアル感激増だなって思えるゾンビのAR動画を作ってくれたのは、Matthew Hallbergさん。彼は他にもARやVRのチュートリアルを制作・公開していて、この動画もUnityとARKitの使い方の詳しい解説付きです。

開発者でない私などは解説を見てもよくわかってないのですが、世界中で今こんな風に、ちゃっちゃっとARKitで開発している方々がたくさんいるんでしょうね〜。

上にピックアップしたのはあくまでYouTubeである程度見られている動画だけですが、YouTubeにはまだまだ次々とARKitを使った事例がアップされています。動画として公開されていないプロジェクトも含めると、もっといろんなものが動いているはずです。

iOS 11がリリースされる秋頃にはかなりいろんなことができるようになってるんじゃないでしょうか? 期待が高まります。

iOS 11のうれしい新機能まとめ。iPad用がけっこうズルい

Image: 8ninths/YouTube
Source: YouTube 1, 2, 3, 4, 5, 6, Mark Dawson, GitHub

(福田ミホ)

    あわせて読みたい

    powered by