スティーヴン・キング原作の映画『ダーク・タワー』新TVスポット×3本。ガンアクションがカッコイイ
Image: © 2017 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved. via Sony Pictures Entertainment/YouTube

スティーヴン・キング原作の映画『ダーク・タワー』新TVスポット×3本。ガンアクションがカッコイイ

スティーブン・キングの超大作の実写化であり続編でもあるという映画『ダーク・タワー』の新たなTVスポットが公開されました。

超絶アクションに加え、謎に包まれたストーリー展開も垣間見える映像となっています。

Video: Sony Pictures Entertainment/YouTube

まず一本目は主人公のローランド(演:イドリス・エルバ)が、今は亡き故国「ギリアド」の騎士たる「ガンスリンガー」の教義と共に超絶ガンアクションを披露。原作小説を知らなくってもこの凄技を見るためだけに劇場にいく価値ありでしょう!

Video: Sony Pictures Entertainment/YouTube

そして二本目はローランドの宿敵であり、スティーブン・キング作品に度々登場する諸悪の根源とされる黒衣の男(演:マシュー・マコノヒー)にフィーチャーした映像。マシュー・マコノヒーは「黒衣の男」を演じるならこいつしかいないだろうという似合いっぷりです。彼のテキサス訛りも、『ダーク・タワー』に西部劇っぽさを醸し出しています。

Video: Sony Pictures Entertainment/YouTube

最後の映像は前二本とあまり変わらない内容ですが、注目は0:23以降のシーン。原作第一巻『ガンスリンガー』は主に中間世界と呼ばれる異世界が舞台だったのですが、どうやら映画では我々がよく知る現代のニューヨークも登場する模様

もしかするとローランドが異なる時代のニューヨークを旅して仲間を集めていく第二巻『ザ・スリー』の内容も踏まえた作品となるのかもしれません。

とにかく原作は情報量が膨大なシリーズなので、その辺をいかにまとめて見せていくのかが気になる所。ファンとしては原作再現にも期待してしまう一方で、初見の人が深淵に落ちていくのを見殺しにしない作品であることを祈るばかりです。

映画『ダーク・タワー( 原題:The Dark Tower)』はアメリカで2017年8月4日公開予定。

スティーヴン・キングの超大作が原作の映画『ダーク・タワー』予告編。実は小説の続編!?

Image: © 2017 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved. via Sony Pictures Entertainment/YouTube
Source: Sony Pictures Entertainment(123)/YouTube

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

powered by