仕事疲れが溜まっているアナタに贈る、日本の小学生のギネス認定縄跳び
Image: Guinness World Records/YouTube

仕事疲れが溜まっているアナタに贈る、日本の小学生のギネス認定縄跳び

ハイハイハイハイハイハイ!って言いたくなる。

仕事疲れ、溜まってます? 本当は本腰入れて集中したい仕事があるのに、雑多な用事が多すぎてなかなかまとまった時間を見つけられない、そんなときってありますよね。細々とした用事を一気に片付けたいときに役に立つのがイメトレです。自分が怒涛の勢いで仕事をこなしていく姿を想像してみて下さい。ほら、なんだか上手くいきそうな気が...しませんか。そうですか。

でもBoing Boingが紹介した、ギネス記録を叩き出した静岡県富士市の小学生の縄跳びをする姿を見ると、なんだか自分も「オラオラオラオラ!」と承太郎のように仕事を次から次へと片付けたくなるエネルギーをもらえます。

Video: Guinness World Records/YouTube

Guinness World Recordsのウェブサイトには次のように書かれています。

静岡県富士市の市立原田小学校の14人の生徒たちが、グランドでの遊びをギネス公式世界記録へと変えてしまった。1つの縄を使って、1チームによって1分間に跳ばれた縄跳びの最多記録を達成した。(中略)跳んだのは12人。それぞれが18回以上跳び、合計で見事225回の新グループ記録を打ち出した。

回数が記録なわけですが、ビデオを見るだけで世界レベルなのがわかりますね。これだけの集中力が自分の中にも眠っていると信じて、とりあえず職場では「ハイハイハイハイハイ!」と叫ぶところから始めたいと思います。

Image: YouTube
Source: YouTube via Boing Boing, Guinness World Records

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文
(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by