ギズモード的WWDC予想:iMacの登場確率は50%、MacBook Proは30%! ただしキーノートでは発表されない
image: Apple

ギズモード的WWDC予想:iMacの登場確率は50%、MacBook Proは30%! ただしキーノートでは発表されない

マイナーチェンジの方向で?

いよいよ6月6日午前2時(日本時間)から開催される、Apple(アップル)の開発者向けイベントこと「WWDC 2017」。ここ数年は、iOSやmacOSなどソフトウェアの話題が中心となっていますが、過去にはちゃんとハードウェア製品が発表されたことだってあります。

そして今年のWWDCでは、新型Mac製品の発表が噂されています。具体的には新型MacBook Proや新型MacBook Air、新型MacBook、それに新型iMacなどなど…。特に、新型iMacは登場を待っている方も多いのでは? そこで今回は、新型iMacとMacBookがWWDCで登場する可能性を、ギズモード的に分析します! 過去の噂や画像の流出などを時系列でおさらいしながら、その可能性を考察していきますよ!

確率50%:マイチェンモデルの新型iMacが登場

ギズモード的WWDC予想:iMacは50%、MacBook Proは30%の確率で登場! ただしキーノートでは発表されない
Justin Sullivan / Getty Images News / ゲッティ イメージズ

現行モデルのiMacは、なんと2015年の10月から更新されていません。新モデルの登場をヤキモキして待っている人も多いでしょう。

そんな中、今年4月中旬に海外サイトのDigiTimesから、21.5インチモデルと27インチモデルiMacのアップグレード版が2017年第3四半期(7月〜9月)に投入されるとの情報が登場しました。

ただ、現行モデルのアップデート版に関する情報はこれくらいしかありません。またWWDC 2017は、iOSやmacOSなどのソフトウェアの発表が中心となるはずですし、新型iPad Proも登場する可能性があります。そう考えると、キーノートの尺的にも(例年2時間ほど)、キーノートではサラッと触れて、その後のストア更新でスペックの詳細が公開されるシナリオが妥当でしょう。

また情報の7月〜9月まで少し期間が空いていますし、そういったことも含めてWWDCで登場する確率は、50%ってところですね。

プロ向けの新型iMacは今年後半。VRに対応も?

20170531nmac3.jpg
image: Apple

上のアップデート版iMacの情報と同時に、プロ向けの新型iMacも登場するという情報も登場しておりました。

こちらはすでに、年末までに投入されると伝えられていて、なんとも楽しみなスペックになるとの情報も登場しています。たとえばサーバー向けプロセッサ「Xeon E3-1285 v6」や16〜64GBのECC RAM、ストレージは最大2TBのNVMe SSD、最新グラフィックスカードを搭載する、超ハイエンドモデルになる模様です。

さらにEnstarsによれば、プロ向けの新型iMacはGPUにAMDの「Polaris 10」を搭載し、VRに対応する可能性もあるんだとか。ただし、その分お値段は3,200ドル(約35万円)と相当お高くなるとの情報も。新型Mac Proを待たずに、こちらを買うという選択肢もありそうです。

確率30%:マイナーチェンジくるか、新型MacBook Pro

20170531nmac1.jpg
image: Apple

一方あまり情報は多くないのですが、新型Macbook Proや新型MacBook Air、新型MacBookがWWDC 2017で登場するという噂もあります。

なかでも新型Macbook Proは、前回に搭載し損ねたIntelの最新プロセッサ「Kaby Lake」を搭載。また同ラップトップには、専用の省電力プロセッサ「T310」が搭載されるなんて噂もありますね。

しかし、現行モデルのMacBook Proが発表されたのは2016年10月。まだ1年も経っていません。そのことを考えると、iMacと同じようにプロセッサの更新がひっそりとスライドで1枚、あるいは公式ホームページで発表される…という可能性もありそうですね。とういうわけで、MacBook Proが登場する確率は、情報が少ない&発売から少ししか経っていないため、低めの30%。MacBookとMacBook Airに関しては、情報がほとんどないため未知数です。

毎年決まった時期に登場するiPhoneと違い、MacBookは買いどきが難しいですね。欲しいときが買いどきです。

新型Mac Proは来年へ

20170531nmac2.jpg
image: Gizmodo US

現行モデルで行き詰まりを見せいているMac Proですが、Appleは今年4月に完全刷新した新モデルの登場を予告しています。その新型Mac Proはモジュラーデザインを採用し、ハイエンドCPUやGPUが搭載可能に。さらに、アップデートも簡単になる予定です。

ただし、この新型Mac Proが登場するのは来年以降と予告されており、WWDC 2017での発表はなさそうです。

***

いかがでしたでしょうか? 新型iMacや新型MacBookは登場するとすればマイナーチェンジモデルとなり、その可能性はあってもおかしくはないかな?という程度です。

ギズモードでは、今年もWWDCの情報をリアルタイムで更新していく予定です! WWDCのキーノートは、日本時間の6月6日午前2時から。当日はギズモードと一緒に、Appleの新しい発表を楽しみましょう!

ほかのハードウェアが登場する確率
新型iPad Proが発表される確率は65%! 発表の可能性が一番高いハードウェア

WWDCに関するすべての話題はこちらから!

image: Apple, Justin Sullivan / Getty Images News / ゲッティ イメージズ, Gizmodo US
source: Enstars

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by