宇宙開発は、いまや第二のインターネットバブル状態。超小型衛星開発がアツい
Image: Mugendai(無限大)

宇宙開発は、いまや第二のインターネットバブル状態。超小型衛星開発がアツい

  • MugendaiMugendai

ワクワクしかしない。

遙かなる上空で無限に広がる宇宙。太古の昔から、星に名前をつけたり願いを託したり、いつだって人類のロマンなんです。

そんな宇宙ですが、今は宇宙開発が非常に活発化。特に「超小型衛星」というジャンルがアツいことをご存知でしょうか。

もはやちょっとした「宇宙(開発)戦争」とでも呼ぶべきその状況が、IBMのWebメディアMugendai(無限大)で紹介されていましたよ。

インタビューに応えているのは、「キューブサット」や「ほどよしプロジェクト」など、約20年前から日本の超小型衛星開発をリードしてきた、東京大学大学院の中須賀真一教授です。

Image: Mugendai(無限大)

まず超小型衛星の定義ですが、重さが1~100kgの衛星を指すそう。我々がよく知る気象衛星などは数トンですから、たしかに超小型です。

もちろん重さだけではなく、開発費用もリーズナブル。大型衛星が300~400億円、小型衛星でも100億円程度かかるのに対し超小型衛星は約3億円だそうで、中須賀教授が手がけたキューブサット1号機は人件費抜きで何と250万円とのこと。さらには、開発期間も半分程度ですむのだそうです。

Image: Mugendai(無限大)

この「早くて安い」超小型衛星の登場により、宇宙開発はプレーヤーが激変。政府や大企業といった限られた人たちだけではなく、ベンチャー企業や大学なども参入できるようになりました。その注目度は高まるばかりで、「まるでインターネット黎明期を見るよう」と表現する人もいるほどだとか。

Image: Mugendai(無限大)

それでは、実際どのようなビジネスが展開されているのでしょうか。一例として挙げられていたのが、宇宙からすべてを見通してしまうというリモートセンシング技術。

たとえば、工場の前に並ぶトラックの台数を数える、といったこともビジネスになっているそうで、稼働時間などの情報を金融業界に販売しているんですって。もっと精密になると、石油タンクのふたの上げ下げなんかもお金になっているそうですよ。動きを分析して、在庫量や消費量がわかるんだとか。もう何でもお見通しなのね…。

Image: Mugendai(無限大)

その他にも、衛星の部品を秋葉原で購入する裏話や、宇宙とAIの関係、イーロン・マスクジェフ・ベゾスといったセレブが宇宙開発にのめり込むワケなど、興味深い話が満載のロングインタビューは、Mugendai(無限大)よりぜひ続きをお楽しみください。

Image: Mugendai(無限大)
Source: Mugendai(無限大)

(渡邊徹則)

    あわせて読みたい

    powered by