潜水艦の無線通信が、宇宙に地球シールドを作り出していた?
image: NASA Goddard/ YouTube

潜水艦の無線通信が、宇宙に地球シールドを作り出していた?

人類は知らないうちに、地球の周りにシールドを作っていた!?

何だかSFチックな響きがありますが、NASAは先日、科学者たちが宇宙の粒子放射線から地球を保護する人工のバリアを発見したと報じました。この発見は、宇宙気象における冷戦時代の核実験の影響に関する論文の一部としてSpace Science Reviewsで発表されています。

関連記事:冷戦時代の核実験、宇宙気象に影響を及ぼしていたことが判明

バリアとなっているのは超長波(very low frequency, VLF)で形成された。VLFは宇宙の粒子と相互作用して、粒子がどこにどうやって動くかに影響を与えることがわかったとか。NASAいわく、

「こういった相互作用が、宇宙に存在する高エネルギーの粒子放射線を防ぐような地球の周りのバリアを作りだすことがある」

とのこと。MITのヘイスタック天文台の副主任であるPhil Erickson氏は、

「超長波の周波数域にある無線通信信号は、条件が揃えば地球の周りの高エネルギー放射線環境の特性に影響を及ぼす、ということが複数の実験や観測からわかった」

と語っています。

超長波は、海の奥深くへと届くので潜水艦などの無線通信に使われています。その電波がさらに大気圏の先まで伸びて、超長波の泡で地球を覆ったということになります。そしてそれが、宇宙から地球に近い場所の陽子や電子を調査しているヴァン・アレン帯探査機からも観測されていたというわけです。NASAが公開した動画もどうぞ。

video: NASA

image: NASA Goddard/ YouTube
source: Springer Link, NASA, Wikipedia

(たもり)

あわせて読みたい

powered by