映画『第9地区』監督の新プロジェクト「Oats Studios」の第一弾が無料公開
Image: Oats Studios/YouTube

映画『第9地区』監督の新プロジェクト「Oats Studios」の第一弾が無料公開

すごい、これスゴいよ!!

ついに公開の日を迎えたニール・ブロムカンプ監督の実験的新プロジェクト『Oats Studio』第一弾。YouTubeで無料公開されていたので早速見てみたのですが……、ビジュアルが想像以上の凄さ! なにこれ、おもしろーーーーい!

とにかく圧倒されること間違いなし、見た後にショックを受けるかも。では、はやる気持ちを抑えつつ20分尺の短編『Rakka』をご覧ください。

Video: Oats Studios/YouTube

動画はOats Studiosより。

字幕がなかったので簡単に内容を説明します。

地球侵略にやってきた害虫(エイリアン)。人間が築き上げてきた文明をことごとく破壊し、象徴を人間の死体で覆い尽くす始末(予告に登場したエッフェル塔は人間の死体付きでした…)。

エイリアンの建物は自ら呼吸し成長しているらしく、その様子をみた人々は「地獄より悲惨」と証言。捕まった人間の中にはエイリアン・ベイビーの栄養素になるものも。

温暖化を引き起こし、森林を焼き、呼吸するのもままならないほどの環境破壊。しかも、人間の思考を読み、意のままに操ることも、さらってきた人間にロボトミーも真っ青の脳手術を施して仲間に引き入れることも可能です。

しかし人間もやられるばかりではありません。エイリアンの洗脳から脳を守る機械を開発し、地球を守るために立ち上がったものたちがいました。それがシガニー・ウィーバー率いる抵抗軍

ウィーバーはエイリアンによる生体実験を生き抜いたアミール(演:ユージーン・クンバニワ)を保護し、エイリアンの秘密や内情を手に入れようとしますが、アミールは何かを思い出そうとすると目が徐々に爬虫類のように変化しーー

第一弾は抵抗軍がエイリアンの一匹を断頭したところで終わります。しかしアミールの目がエイリアンっぽくなっていっているのが気になるところ。果たしてアミールを保護したことは吉と出るか凶と出るか。

それにしてもビジュアルが圧巻でしたね。成長する建物というのはこれまでにもありましたが、タールらしきものが体の表面を這うエイリアンなんて初めて見ました。

エイリアンの顔の造形が複雑すぎる上に目の位置がはっきりしていないため、どうしてもじっと見つめるようにできていて、こっちまで洗脳されてしまいそう!

もともとブロムカンプ監督は人体破壊描写が得意ですが、今回は今までに輪をかけてエグい。政治家を捕まえてきての脳手術シーンや、アミールのエクソスケルトン(?)なんてホラー顔負けのグロさ。『エルム街の悪夢2』にでてきたフレディ脳みそムニュムニュよりインパクトありました。最後を飾ったエイリアンの首の切断面も重量感があってよかった!

ストリーム版のほうは3Dモデルや特典込みで販売ということなので欲しい人は多そう。これはお金を払って手に入れて損なしでしょう。

次の公開が楽しみでしょうがないですね。日本語字幕版にも期待したいです。

本物のエイリアンって人間に興味あるの? SF映画のリアルとアンリアル

Image: YouTube
Source: YouTube(12

中川真知子

あわせて読みたい

powered by