セガだらけのパビリオンに一家で遊びに行った1994年のホームビデオ
image: iretrogamer.com/YouTube

セガだらけのパビリオンに一家で遊びに行った1994年のホームビデオ

キラキラした少年の夏の思い出が映っています。

フロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内のエプコットで、1994年にオープンしたパビリオン「イノヴェンションズ」。今でいうゲームショウのE3などと同じく、かつては最新ゲーム機種がズラっと揃った夢の施設だったのだそうです。

そして最近、オープン当初に施設を訪れた家族の懐かしいホームビデオが公開されました。当時はセガが隆盛を極めていた時代で、そこには発売前のメガドライブ用ソフトにメガCD、スーパー32Xやゲームギアなどが展示されていました。

video: iretrogamer.com/YouTube

大々的にソニックを推した施設内にて、『バーチャファイター』や『ライオン・キング』、それに『ダイナマイトヘッディー』で遊ぶ少年。さらには時代を先取りしすぎていた、ケーブルテレビ経由でゲームをダウンロードできる「セガチャンネル」」も登場。1994年にストリーミングできる革新的なサービスに、少年の目が輝いています。

1996年には一家でセガワールドにも来訪。32Xに刺さった『Spider-Man: Web of Fire』やアーケード版『ファイティングバイパーズ』。試作品でまだ基盤の状態の『Darxide』など当時の最新ゲームが楽しめるセガ天国が広がっていました。

実はお父さんのほうが大のセガ好きだったようですが、お母さんもゲームを楽しむ理想的な家族の姿にグっときますね。いつかまた、セガにこんな時代が訪れることを静かに期待したいです。

街行く人々が『パックマン』のファミカセを持ってる理由

image: iretrogamer.com/YouTube
source: iretrogamer.com/YouTube

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by