新たな刺客!スマートリング「Token」は指紋認証、NFC対応で一味違う
Image: Token

新たな刺客!スマートリング「Token」は指紋認証、NFC対応で一味違う

指輪かざしてSuica使いたい!

スマートグラスやスマートウォッチのようなウェアラブル端末の肩身が狭い時代が続くなか、それでも地味ーにひっそりと頑張っているデバイスをご存知でしょうか?「スマートリング」です。指輪。

過去にギズモード・ジャパンでも紹介した女性向けのアクセサリに近い「Ringly」や、指先のジェスチャーでスマート家電やスマホを操作できる「Ring」、SNSの通知確認もできる「Mota Smart Ring」など、実はたくさんの種類のスマートリングが存在しています。ただ、周りでつけている人見かけますか?と聞かれれば、なんとなくスマートリングの現状がご想像いただけるのではないでしょうか...。これが現実。

しかし今回Tokenという会社が新たにリリースするスマートリング「Token」は従来のものとは違った角度から攻めているリングのようです。スマートリングではあるものの、通知機能や時計機能は付いておらず、指紋認証を用いたアクセス機能がポイント。本体にはNFCBluetoothが搭載されているため、このリングをつけた手でタッチしたり、ノックしたりすると車、扉(スマートロック)、そしてノートパソコンのロックを解除することができちゃうんです。指にはめる際に指紋認証モニターでユーザーを確認してくれるため、ユーザー以外の人が使うことはできないようになっています。

NFCで電子決済公共交通機関の乗車カードのような機能も付けられるため、普及すれば使い道はかなり増すのでは?

日本でもSuicaが使える第2世代Apple Watchに、ようやくスマートウォッチの使い道を見出せたという人も多いほどですからね。やっぱりこういうウェアラブルデバイスはいかに日常生活のニーズに訴求できるかにかかっているのでしょう。防水で、バッテリーも1回の満充電で14日ほどもつようですので、常用できるレベルです。あと、見た目もゴツゴツしてくなくグッド!

新たな刺客!スマートリング「Token」は指紋認証、NFCにも対応2
Image: Token

ただし、本デバイスの可能性はサービスやデバイスを取り扱う他企業とのパートナーシップの有無にかかっているといっても過言ではありません。クレジットカードは今のところVisaとMasterCardのみで、扉の鍵もToken指定のスマートロックのみの対応となっています。しかも電子決済もApple PayやAndroid Payが使えるのではなく、あくまで専用アプリにクレジットカードを別途登録することになるようです。

公式サイトでは事前予約が開始されており、2017年12月頃に発送予定。最初はアメリカのみの発売で、他の国への対応は2018年からとなるようです。

個人的には引き続きスマートリングを見守っていきたい所存でございまして...。新たな「指輪物語」が生まれることを夢見て!(スッと消えてしまいませんように...)

一人暮らしの賃貸でも、IoT住宅に住める時代がやってきた! しかも家賃は変わらないらしい

Image: Token
Source: Token via The Verge, Instagram

(Doga)

あわせて読みたい

powered by