Touch IDは将来iPhoneの電源ボタンに移動するかも?
Image: USPTO

Touch IDは将来iPhoneの電源ボタンに移動するかも?

そういうスマートフォンもありましたね。

次期iPhoneことiPhone 8で一番議論となっている、指紋認証機能「Touch ID」の居場所。背面に移動するのか、ディスプレイに内蔵されるのか、うわさは二転三転しています。そんな中、新たに登場したApple(アップル)の特許では、なんとTouch IDを電源ボタンに埋め込もうとしているようです。

USPTO(米国特許商標庁)によって公開された「Finger biometric sensor assembly including direct bonding interface and related methods」という特許では、指紋認証機能を搭載したボタンの構造について説明しています。どうやらAppleは、指紋の読み取りを可能にするためにボタンに極薄のガラスやサファイア素材の採用を考えているようです。

なおXperia XZなどのソニー製端末の一部では、すでに電源ボタンに指紋認証機能を搭載しています。このことから、この特許を現実化することは(あるいは対応部品をiPhoneに採用することは)それほど難しくないでしょう。iPhoneの背面にTouch IDのエリアを設けるよりは、よっぽどスマートです。

ただし、現時点でのAppleが考える本命は「ディスプレイへのTouch ID機能の埋め込み」なことも確かでしょう。すでにTSMCなどのiPhone部品のサプライヤーもこのことは認めています。電源ボタンへのTouch IDの埋め込みは、プランCくらいの優先順位としてAppleの頭のなかにあるのかもしれませんね。

Image: USPTO
Source: USPTO via 9to5Mac

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by