ちょいホラー。魚釣ったら、口からモグラがでてきた
Image: Matt Jeppson/Shutterstock.com

ちょいホラー。魚釣ったら、口からモグラがでてきた

ちょっとホラー。

ある日のこと、Monroe MacKinneyさんは釣りをしていました。リールに手応えを感じて引き上げたら、そこにはオオクチバスが。やったー!とバスの口に手をかけると、なんとそこにはモグラがいたのです。まるで昔話のような出来事ですが、現実です。

「バスの口の中にモグラがいるなんてことあるの????? クレイジー!」

MacKinneyさんが釣り上げたバスは、どうやらモグラを飲み込んでいたようですね。このモグラは、アメリカ東部やカナダ、メキシコに広く生息しているScalopus aquaticusと呼ばれる種。トンネル掘るのはもちろんですが、泳ぎお得意です。オオクチバスもオオクチバスで、獲物を丸のみするんだそうで。すいすい泳いでいるうちに、バスの口にすっぽりはまってしまったんですかね。

残念ながら、バスを釣った時点でモグラはすでに死んでいました。が、写真みると、口から必死で出ようとしていたようで怖いです。モグラの気持ちを想像しても、バスの気持ちを想像しても、どちらもホラーだわ…。

キモカワ動物ピックアップ9選! キモカワポイント解説付き

Image: Matt Jeppson/Shutterstock.com
Source: Monroe MacKinney, RED LIST, BioKIDS

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

powered by