蚊に刺されやすい人っているらしい…酒好きや服の色には要注意!
Image: nokkaew/Shutterstock.com

蚊に刺されやすい人っているらしい…酒好きや服の色には要注意!

虫除けスプレーより大切なことも…!

夏のアウトドアで何が嫌かって、それはあのブーンと不快な音を立ててやってきては血を吸っていくの存在でしょう。ちなみに「なぜか周囲の人は刺されないのに、自分だけ蚊に狙われやすいのはなぜなのかな?」って悩んでいるあなた、それは偶然ではないかもしれませんよ。

どうやら蚊に刺されやすい人って、本当にいるらしいんです。たとえば、以前から血液型には蚊の好むタイプがあることがわかっていました。残念ながら、O型の人は、ほかのどの血液型の人よりも蚊が寄ってくる可能性が高いとの研究結果がNCBIに発表されていますよ。次に蚊に狙われやすいA型の倍近い確率で、O型の人を狙って蚊が近寄ってくるようです。

その明確な原因までは突き止められるにいたっていないものの、蚊に好まれる遺伝子構造というのがあるみたいですね。PLOS ONEに掲載の研究によれば、一卵性双生児のペアの両方に向けて蚊を解き放つと、ほぼどちらにも同じ確率で蚊が襲いかかってきます。ところが、より遺伝子的に大きな違いを有する二卵性双生児のペアだと、明らかに蚊が寄ってくる割合には差が生まれると判明。蚊が好むDNAのタイプって、どのようなものなのか? いまも熱心に研究が進められていますよ。

一方、こうした遺伝的な要素とは別に、蚊が好むライフスタイルというのもあるようです。もっとも興味深いのは、ビールを飲むと、なぜか蚊が一斉に襲いかかってくる傾向が強まることが実証されてしまいました! この実験では、ビールを飲んだ後のほうが、身体に着地する蚊の数が増えたのが確認されたのです。さらに、蚊はエタノールを嫌う傾向があると認知されていますが、汗と体温に含まれているエタノールは蚊が寄ってくるのとは関係がないこともわかりました。いずれにせよ、キャンプでビール片手にほろ酔い気分のときほど蚊に刺されやすくなるというのは、覚えておいて損はなさそうですよね。

ほかにも、激しい運動で呼吸が荒くなり、二酸化炭素の排出量が増えたり、たくさんをかけばかくほど、蚊には狙われやすくなることもわかっています。さらに、蚊は暗い色の服を好むそうですよ。あまり効かない虫除けスプレーだってあるみたいですし、昔ながらに蚊帳を使い、明るい色の長袖の服に身を包む防御策が、もっとも有効だったりもするのかな~。

Image: nokkaew/Shutterstock.com
Source: NCBI, PLOS ONE via Inverse

(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by