ボルボの快進撃つづく......!新型トラックは高度運転アシストが標準装備になると発表
Image: VolvoTrucksUSA/YouTube

ボルボの快進撃つづく......!新型トラックは高度運転アシストが標準装備になると発表

中身はもはやホテル。

ボルボ、次世代の自動車メーカーとしての快進撃を続けております。つい先日、2019年以降の新モデルは電気自動車かハイブリッドのみになると発表して話題になりましたが、ボルボは自動運転車分野でも前進を続けているメーカーです。

そんなボルボが発表したのが新型のVNLシリーズ・トラック。話題になっているのは高度運転アシストシステムが標準装備となっている点です。フロントガラスの上部に設置されたカメラが走行レーンを認識し、そこから離れそうになると警告を発する「レーン離脱警告」、前を走る車のスピードと距離を検知する「衝突警告」や「自動緊急ブレーキ」、また地形を学習することで燃費の良い走行をアシストする「適応型クルーズコントロール」などがそれに含まれます。

「適応型クルーズコントロール」には「i-See」という名称が付けられています。たとえば、一度「坂を登ってから下る」という運転を学習させれば、上り坂の頂上付近ではギアを下げない、下り坂の直前では安全を意識してスピードを上げない、下っている最中は慣性が働くので省エネ走行をする、そして坂を下りきった時点でスピードを上げる......ようするに上手いエンジンの使い方をしてくれるわけですね。

Video: VolvoTrucksUSA/YouTube

The Vergeは「大型トラックの標準装備として高度運転アシストシステムが加わるのは初」と報じています。確かに一般車よりも運転が困難で、万が一の事故の場合も影響の大きいトラックがこういったアシスト機能を装備することは理に適っています。長時間の運転から来る疲労を考えても、レーン離脱警告や自動緊急ブレーキが減らしてくれるリスクは大きそう。

運転が苦手な私からするとトラックが走っている姿を見るだけで緊張してしまうのですが、そんな私でも胸が高鳴るのがVNLシリーズの中でも内部キャビンを備えたグレード。これはロマンがあります......!

170712volvo1.jpg
Image: VolvoTrucksUSA/YouTube

Video: VolvoTrucksUSA/YouTube

しかし気になるのはトラックという車自体の将来です。ボルボは去年、自動運転トラックの試験運転ビデオも発表しています。自動運転の技術は少しずつ積み上がっているようですが、トラック・ドライバーたちからすると自分たちのトラックメーカーが自動運転トラックを急速に開発しているのは微妙な気分なはず。ボルボ自体もそこは板挟みのようで、今回のVNLシリーズも「利益を生むのはトラックではない、トラックドライバーたちが利益を生むのだ」と目配せなPRがそこかしこに見られます。

Image: VolvoTrucksUSA/YouTube(1, 2
Source: Volvo1, 2) via The Verge, VolvoGroupVideos/YouTube

(塚本 紺)

    あわせて読みたい

    powered by