未来の目覚まし時計? AIアシスタントAlexaを搭載した「Sandman Doppler」
Image: Kickstarter

未来の目覚まし時計? AIアシスタントAlexaを搭載した「Sandman Doppler」

あの子も、この子もAlexa。

最近HTCの新スマホに対応したり、「Fire TV」のコントロールが可能になったりと、快進撃を続けるAmazon(アマゾン)のAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」。そんなAlexaを搭載したスマート目覚まし時計「Sandman Doppler」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しましたよ!

Sandman Doppler 1
Image: Kickstarter

Sandman DopplerはAlexaの機能を活用し、音声によるコントロールが可能です。たとえば「明日XX時に起こして」と話しかければ、アラームを設定することができますし、声でアラームを止めることもできます。さらにスマートホーム製品と連携することで室温を調整したり、Lyftなどのライドシェアサービスを呼び出すことも可能です。

またWi-FiとBluetoothの両方で通信し、Bluetooth経由でスマホとペアリングすれば、直接音楽を流すこともできます。また本体ディスプレイには時間だけでなく、天気や株価の表示も可能です。

Sandman Doppler 2
Image: Kickstarter

本体上部にはポチポチ押せるボタンも搭載。左上の「1」「2」ボタンには特定の機能を割り当てることができ、たとえばSpotifyを再生しながらライトを暗くしたり、玄関の鍵とガレージの鍵を両方閉じる…といった、複雑な操作が1ボタンで行なえます。ドミノピザのアプリと連携して、1ボタンでピザの注文もできるそうですが、さすがに寝起きにピザはキツイっすね。

Sandman Doppler 3
Image: Kickstarter

また本体後方には6つのUSBポートを搭載し、スマホなどの充電が可能です。USBポートは別売りのパーツで、USB Type-Cポートにも変換できます。

かゆいところまで手が届いていますが、とはいえこの子の最大の強みはAlexaに対応している目覚まし時計であるということ。もちろん寝起きや就寝前のシーンで使用するわけですが、眠いときってスマホとか操作したくない(しにくい)ですよね。そんなときこそ音声コマンドが活き、普段リビングで使うときよりも役立ちそう。

Sandman Dopplerのプロジェクトはすでに目標金額を達成しており、119ドル(約1万3000円)の出資で2018年7月に製品が入手可能となっています。他にもAlexaを搭載した照明なんかがありますが、将来的にはさまざまな家電がAIアシスタントを搭載するのかな〜と思うと、ワクワクしてしまいますね。

HTC U11にAmazonのAIアシスタント「Alexa」がやってきた(ただし海外版のみ)
ランプにも人工知能。ゼネラル・エレクトリックがAlexa搭載のランプ「C by GE」を開発

Image: Kickstarter
Source: Kickstarter

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by